あなたに合う結婚指輪の素材とは?
~誕生石編~

シークレットストーンで個性を発揮!誕生石の魅力

結婚指輪というとダイヤモンドが主流ですが、生まれた月の誕生石を使うことで個性を出すこともできます。シークレットストーンとして内側にはめこむタイプなら、目立ちすぎることもありません。2人だけの秘密のように、指輪の内側で控えめに輝いてくれることでしょう。誕生石の由来や効果、月ごとの種類について詳しく解説していきます。

[PR]

結婚指輪に誕生石を使う理由

誕生石の由来は?

誕生石の起源には諸説あります。そのうちのひとつが、旧約聖書のエジプト記に出てくるという説。イスラエルの祭司の胸当てに、12種類の宝石が使われているのです。一方、新約聖書がもとになっているという説もあります。こちらでは、エルサレムの城壁の土台石に12種類の宝石が使われていたそう。

現在の誕生月と宝石の組み合わせは、1912年にアメリカの宝石商組合が定めたものを基準としています。日本では1958年、全国宝石卸商協同組合が誕生石を制定しました。

誕生石を身につけるメリット

誕生石はその月に生まれた人の守護石とされています。昔は魔除けや呪術の意味合いが強かったのですが、現代では幸福を運ぶアイテムとして人気です。誕生石を身につけることで、その人の持っている力を高めると言われています。

結婚指輪といえばダイヤモンドのイメージが強いですが、誕生石を使うことによって、運気を上げる効果が期待できるでしょう。

誕生石の種類

誕生石についてはメーカーによって異なったり、複数あったりとさまざまですが、ここでは主なものをご紹介します。自分の誕生石の特徴について、チェックしてみてください。

1月:ガーネット

柘榴石とも呼ばれるように、ザクロのような濃い赤色が印象的。オレンジやグリーンなどカラーバリエーションも豊富です。冬の誕生石なだけに、血行を良くしてエネルギーを身体に巡らせる効果があると言われています。石言葉は貞操、真実、友愛、忠実など。

2月:アメシスト

紫水晶とも呼ばれ、カラーは淡い紫から濃い紫までいろいろ。紫は昔から高貴な色とされており、身につけるだけで上品さが増すでしょう。石言葉は誠実、心の平和など。平穏の保たれた、安定した家庭を築くことができそうです。

3月:アクアマリン

ラテン語の「アクア=水」「マリン=海」の語源のとおり、透き通った青色が特徴の宝石です。選ぶ際には青色の鮮やかさと透明度に注目してみてください。半透明のミルキーアクアマリンも人気です。石言葉は聡明、沈着、勇敢など。

4月:ダイヤモンド

結婚指輪の定番。地球上でもっとも硬い宝石だけあって、永遠の誓いにふさわしいと考えられています。無色透明のものだけでなく、イエロー、ピンク、オレンジ、レッドなどのバリエーションも豊富。石言葉は永遠の絆・純潔・不屈などです。

5月:エメラルド

新緑の季節にふさわしく、鮮やかな緑色をしています。古くから愛されてきた宝石で、キリストが最後の晩餐で使った聖杯はエメラルドを彫ったものだという説も。石言葉は幸福、幸運、希望などで、これからはじまる結婚生活を見守ってくれるでしょう。

6月:パール(真珠)

温かみのある色とフォルムが特徴。「人魚の涙が波にはじけて真珠になった」というロマンティックな伝説もあります。石言葉は純粋無垢、健康、長寿などです。

7月:ルビー

鮮やかな赤色が特徴の宝石。ダイヤモンドに続く硬さを持っており、傷つきにくく熱や薬品にも強いことから、結婚指輪に適しています。石言葉は熱情・仁愛・威厳など。

8月:ペリドット

地球の奥深い場所や、隕石の中からも発見される鉱物で、つやのあるグリーンが印象的です。古代エジプトでは厄を吹き払うお守りに使われていたのだとか。石言葉は夫婦の幸福・平和・安心などです。

9月:サファイヤ

サファイヤとルビーは同じ鉱物で、赤色のものだけをルビー、ほかはサファイヤと呼びます。青色が主ですが、イエロー、グリーン、ピンクなどの種類も。石言葉は慈愛、誠実、徳望などです。

10月:オパール

透明なものだけでなく、半透明、不透明など種類によって違った色合いを楽しむことができます。見る角度によっても模様が変わり、飽きの来ない宝石です。石言葉は希望、幸福、安楽など。

11月:トパーズ

黄金色をはじめ、赤、オレンジ、黄、青、紫などのカラーバリエーションがあります。エジプトでは太陽神ラーの象徴として重宝されてきました。石言葉は友愛・希望・純潔などです。

12月:ターコイズ

青や緑色が特徴の宝石。産地によっても色合いは異なります。古くはメソポタミア文明の頃から使われていたのだそう。石言葉は成功・繁栄・旅の安全など。

シークレットストーンとして使うのが一般的

誕生石は、結婚指輪のシークレットストーンとして使われるケースがほとんどです。シークレットストーンとは、指輪の内側に埋め込む宝石のこと。自分の生まれた月の誕生石はもちろん、パートナーの誕生石と並べても良いでしょう。夫婦の誕生日として、入籍した月の誕生石を入れるカップルもいます。

シークレットストーンは指輪の内側にあるため、リングのデザイン性を損なうことがありません。シンプルな指輪が好きという人にも向いており、2人の秘密ごとにしてもロマンティック。また内側に入れることで直接指に触れるため、石のパワーが得られやすいと言われています。

結婚指輪はやはりダイヤモンドが多く、誕生石を使うことで個性が生まれるのも特徴です。ほかの人と差を付けるのであれば、シークレットストーンではなく、ダイヤモンドと並べてアクセントにするのもおすすめ。オンリーワンの結婚指輪を目指すカップルには、あつらえ向きでしょう。

[PR]

ページ上部へ戻る