結婚指輪
自分の指に似合うデザインは?

指の形・肌の色を基準にした似合う結婚指輪の選び方

指輪選びの際には、「そのデザインや素材のカラーが自分に合っているのかどうか」という点も大きなポイント。ここでは、指のタイプ別に似合うデザイン、また、肌の色別に似合う素材について解説します。より自分に合う指輪選びの参考にしてください。

結婚指輪ブランド&ショップ 編集部おすすめ

自分の指に合っているデザイン・素材か?

結婚指輪選びの基準として一番大切なポイントは、自分が気に入るデザインかどうか、という点です。

でも、いかに自分が気に入ったデザインだったとしても、それが指に似合わなければ、あまり良いセレクトとは言えません。よって、結婚指輪を選ぶ際には、「自分が気に入るデザインかどうか」「自分の指に合っているかどうか」という2点を基準にしたいところです。

「自分が気に入るデザインかどうか」は、自分自身に尋ねてみれば良いでしょう。しかし「自分の指に合っているかどうか」は、何を基準に判断すれば良いのでしょう?ポイントは二つ。デザインと素材です。

以下、結婚指輪の代表的なデザイン、および素材に分け、それぞれがどのようなタイプの指に合っているのかを解説します。

どんな指にどんなデザインが合うの?

指のタイプに分けて、それぞれどんなデザインの結婚指輪が合うかを見ていきましょう。

  • 太くて短い指…ノーマルから、やや太めのアームがお勧め。細すぎるアームの指輪を着けると、かえって指が太く見えてしまうことがあります。V字やウェーブなど、動きのあるデザインも可。
  • 太くて長い指…やや幅広で、ボリューム感のあるリングがお勧め。華奢なデザインのリングを着けると、かえって指の大きさが目立つことがあります。やや幅広であれば、ストレートでもウェーブでも可。
  • 関節が太い指…幅広デザインがおすすめ。華奢なデザインは避けたほうが良いでしょう。幅広のストレートやエタニティがよくマッチします。
  • 細い指…華奢なデザインがお勧め。幅広タイプやボリュームタイプの指輪を着けると、指が貧弱に見える可能性があるので要注意。華奢タイプであれば、比較的どんなデザインでも合います。

どんな指にどんな素材が合うの?

素材を考える際には、指の肌の色とのマッチングを考えてみましょう。

  • 色白の肌…色白の肌には、プラチナやホワイトゴールドがお勧め。白くて綺麗な指が、一層引き立ちます。
  • 小麦色の肌…小麦色の肌、色黒の肌には、イエローゴールドがよく映えます。健康的な印象を、より強調してくれるでしょう。プラチナとゴールドが混じった素材もおすすめ。

また、リングの素材自体が持つイメージも、考慮しつつ素材を選ぶようにしましょう。

  • プラチナ・ホワイトゴールド…上品、クール、理知的
  • イエローゴールド…華やか、ゴージャス
  • ピンクゴールド…フェミニン、可愛らしさ

肌の色との相性、および各素材が持つイメージを考慮し、ご自身の指に最適な素材を選んでみてください。

ページ上部へ戻る