結婚指輪
デザインの意味と石の意味

結婚指輪の石とアームデザイン
基本を押さえる!

結婚指輪の基本的知識として、ここでは、結婚指輪に利用される石の種類や意味、代表的なアームデザインをそれぞれご紹介します。あわせて、マメ知識として結婚指輪を左の薬指に着ける理由と、他の指に着ける意味などもまとめました。

結婚指輪ブランド&ショップ 編集部おすすめ

結婚指輪に利用される石の種類と意味

最近は、結婚指輪に小さなダイヤモンドを1石だけ埋め込んだり、または、小粒のメレダイヤを綺麗に散らしたりするデザインが人気。でも、結婚指輪に入れて良い石は、何もダイヤモンドだけではありません。

以下、ダイヤモンドも含め、よく結婚指輪で利用されている石の種類と、それぞれの石の意味をご紹介します。

                              
  • ダイヤモンド…ダイヤモンドは、「純潔」「純真無垢」「永遠の絆」などの意味を持つ宝石。無色透明にしては華やかに輝くダイヤモンドの姿は、まさにこれらの意味を象徴するかのようです。
  • ペリドット…ペリドットには、「夫婦愛」「夫婦和合」「友愛」などの意味があります。永遠に仲良く、円満な家庭を築いていきたご夫婦にぴったりの宝石です。
  • エメラルド…エメラルドに込められている意味は、「幸福」「幸運」「愛」など。この先のふたりの人生に、永遠の幸福が訪れますように。
  • アメジスト…アメジストには、「誠実」「心の平和」「高貴」などの意味が添えられています。また、アメジストは新しい運気を呼び込むパワーストーンとしても知られています。
  •      

結婚指輪の代表的なアームデザイン

結婚指輪で採用されている代表的なアームデザインを5種類見てみましょう。

                              
  • ストレート…定番のストレートライン。飽きの来ないデザインなので、女性からも男性からも広く人気です。どのような指にでもマッチするところが大きな特徴。
  • ウェーブ…優雅なひねりを加えたウェーブ。女性の指を滑らかに、やわらかに、そして細く見せる効果があります。女性がウエーブ、男性がストレートを選ぶパターンも多いようです。
  • V字…Vの字を描くようにデザインされたV字型の結婚指輪。Vよりも緩やかなラインの指輪を、U字型と呼ぶこともあります。洗練された都会的な印象のあるアームデザインです。
  • 幅広…存在感のある幅広型の結婚指輪。よく目立つアームなので、オシャレにこだわる男性から人気。ボーイッシュなタイプの女性からも好まれるデザインです。
  • エタニティ…小粒のメレダイヤをリングに一周させる形で散らしたデザイン。華やかで女性らしい印象が強調されます。メレダイヤをリングに半周だけさせたハーフエタニティも人気。
  •      

なぜ結婚指輪は左手の薬指?

結婚指輪は左手の薬指に着けるのが一般的。国や地域によって多少の違いはあるものの、基本的には世界共通の習慣です。

古来、左手の薬指には心臓につながる太い血管があると信じられてきました。同時に、心は心臓にあるものと考えられてきました。そのため、左手の薬指は特別な指とされ、結婚指輪を着ける定番の指となったようです。

なお、結婚指輪以外のリングを他の指に着ける人も多いようなので、それぞれの指にどんな意味があるのか、少し覗いてみましょう。

                              
  • 右手親指…リーダーシップ
  • 右手人差し指…強い意志
  • 右手中指…直観力
  • 右手薬指…安心
  • 右手小指…好感度
  • 左手親指…自信
  • 左手人差し指…積極性
  • 左手中指…協調性
  • 左手薬指…愛
  • 左手小指…幸運
  •      

ページ上部へ戻る