既製品からオーダーまで結婚指輪の相場って?

購入前に知っておきたい!
結婚指輪の相場について

人それぞれとは言っても、やっぱり気になるのが周りのカップルの結婚指輪事情。みんないくらくらいの指輪を買っているの?どのくらい出すものなの?結婚指輪購入資金の参考にしたい「結婚指輪の費用相場」をチェック。購入方法によっても異なるので、「既製品」「オーダーメイド」「セミオーダー」に分けての費用相場をご紹介します。

結婚指輪ブランド&ショップ 編集部おすすめ

既製品の相場は?

結婚指輪の購入方法には、お店に並んでいる「既製品」の中から選ぶ方法と、用意された素材の中から宝石とリングアームを組み合わせられる「セミオーダー」、デザインや素材などを一から全て自分に合わせて細かく自由に作れる「オーダーメイド」があります。結婚指輪全体としての相場はペアで15~25万円だといわれていますが、これらの購入方法によって結婚指輪の相場も大きく変わってきます。

既製品の結婚指輪を選ぶ方は全体の6割程度で、二人分の相場が約21万円。夫の平均が5~10万円、妻の平均が7~12万円というデータが出ています。(出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2012)

既製品とは、お店に並んでいるデザインのものをそのまま購入することですが、お店に並んでいるものをそのまま購入するカップルは少なく、刻印やサイズ直しをしてから購入することがほとんどです。サイズ直しなどを希望した場合は1ヶ月程度を要しますので、遅くとも結婚式のおよそ2ヶ月前までには決めておくことをおすすめします。デザインや太さによって、指にしっくりくるサイズは変わりますし、個々の手の骨格によっても似合うデザインは変わってきます。ただサイズを伝えるのではなく、実際に試着してみながら、専門知識を有するスタッフと相談して決めましょう。

オーダーメイドの相場は?

最近では、あらゆるカップルのニーズに応えられるよう、フルオーダーを取り入れているブランドも増えました。フルオーダーメイドとは、お店に並んでいる既製品ではなく、デザイナーと予算やデザインイメージを相談しながら作る、二人だけのオリジナルリングのこと。

オーダーメイドを選ぶ方は全体の1割と少なく、平均価格は30万円前後。もちろん素材やデザインによって価格は大きく変わってきます。イチからオーダーするため、既製品よりはどうしても高くなってしまうことは心得ておきましょう。

オーダーメイドの魅力は、世界でたったひとつの、二人だけの結婚指輪をつくることができるということです。二人で同じデザインにするのも、もちろん良いですし、デザインは異なるも同じストーンを使った指輪にしたり、2つのリングを合わせると絵柄が浮かび上がるなどの凝ったデザインにするのも素敵です。

デザインや各ショップにもよりますが、オーダーメイドの結婚指輪は注文から受け取りまで最低2ヶ月程度は要するもの。デザイナーから好みのデザインを提案してもらうまでに、さらに時間がかかることも考えられます。オーダーメイドを考えている場合は、最低でも結婚式の3ヶ月前には決めるようにしましょう。

セミオーダーの相場は?

結婚指輪にこだわりたいけれど、時間や費用を多くはかけられない、という方におすすめの方法が、セミオーダーです。

セミオーダーとは、(店舗やブランドによって多少変わってきますが)いくつかの用意されたリングアームと、好みの宝石を組み合わせてつくるリングのこと。オーダーほど時間も費用も掛からないのに、他のカップルとは被ることのない、オリジナルリングを手軽に作れることから人気を集めているオーダー方法です。

セミオーダーを選ぶ方は、全体の2~3割程度。素材やデザインにもよりますが、15~25万円程度が相場です。既製品とほとんど変わらない価格でセミオーダーにできるブランドもあります。

セミオーダーの場合は、注文から受け取りまで1ヶ月~1ヶ月半程度を要します。店頭で見るのはもちろんですが、雑誌やインターネットである程度“こんなデザインにしたい!”というイメージを絞っておくとスムーズです。着け心地をみるためにも、いくつかのショップでいくつかのリングアームを試着してみたり、スタッフのアドバイスを受けることをおすすめします。

結婚指輪の平均予算はあくまで目安です

「既製品」「オーダーメイド」「セミオーダー」の結婚指輪について、価格相場をご案内してきました。

結婚指輪を選ぶ上で価格というのは、大切なポイントの一つですが、二人にとって指輪がどれだけ特別なものになるのかも重要です。たとえ平均予算を上回る指輪であったとしても、二人が納得して選んだ結婚指輪であれば、何も問題ありません。後悔しないよう、二人でよく話し合い、ベストな結婚指輪を選ぶようにしましょう。

ページ上部へ戻る