結婚指輪を選ぶなら知っておきたい製造方法

結婚指輪を選ぼう!製造方法から見た選び方

あなたに最適な結婚指輪を選びましょう!ここでは結婚指輪の主要な製造方法である鋳造製法と鍛造製法のメリットやデメリットについてまとめています。指輪は素材以外にも製造方法によってその姿を大きく変えます。特に、指輪の耐久度は製造法によって大きく変化しますし、仕上がりもどちらの製造法を選ぶかによって大きく異なるので、知っておいて損はないでしょう。

結婚指輪を選ぼう! 製造方法から見た選び方

あなたに最適な結婚指輪を選びましょう!

ここでは結婚指輪の主要な製造方法である鋳造製法と鍛造製法のメリットやデメリットについてまとめています。

指輪は素材以外にも製造方法によってその姿を大きく変えます。

特に、指輪の耐久度は製造法によって大きく変化しますし、仕上がりもどちらの製造法を選ぶかによって大きく異なるので、知っておいて損はないでしょう。

鋳造製法と鍛造製法、メリット・デメリットを見てみよう!

・鋳造製法

特徴

鋳造製法は、溶かした金属を鋳型に流し込み、冷えて固まったものを取り出すという製法です。

現在のジュエリー商品のほとんどが、この鋳造製法で作られています。

鋳型の形によって様々な形状の指輪を作ることができるので、鍛造製法に比べてデザインの制約が大幅にゆるく、凝ったデザインの指輪をお求めの方におすすめの製法だと言えるでしょう。

メリット

元となる鋳型さえあれば同じデザインのものが大量に作れるので、大量生産ができますし、そのおかげで価格も控えめです。

また、鍛造とは異なり仕上げる際に地金をあまり切削せずに済むので、地金のロスが少なくて済みます。

デメリット

鍛造のように素材を叩いて伸ばすという工程がないため、地金が鍛えられず結晶の方向がバラバラ、また内部に空洞ができやすくなります。

この状態だと鍛造の指輪に比べて、強度が落ちることになります。

・鍛造製法

特徴

鍛造製法は、金属をハンマーで叩いて伸ばし、整形していく製法です。刀鍛冶をイメージするとわかりやすいでしょうか。

外部から圧力を加えることで内部の隙間をなくし、さらに結晶の方向を揃えることで強度を増します。

鍛造製法はさらに、機械で鍛造を行う「型鍛造」と、昔ながらの職人の手作業による「自由鍛造」のふたつに分けられます。

メリット

鍛造製法のメリットは何と言ってもその強度の高さでしょう。「折れず曲がらず」と言われる日本刀も同じ製法で作られていることからも、その強度の高さが伺えると思います。

また自由鍛造で造られた指輪には、職人による手作業で作られたもの特有の、なんとも言えない味わいがあります。

唯一無二の結婚指輪が欲しい

デメリット

鋳造製法に比べると、どうしても製造にコストと時間がかかるのがデメリットです。

また、デザインについても製法の都合であまり複雑なデザインにすることができません。

強度が高い反面、サイズ直しも困難なので、受け付けていないショップもあります。

徹底比較! 鋳造と鍛造の違いは?

ここでは、鋳造製法と鍛造製法の違いを、さまざまな観点から比較して見ていきましょう。

耐久性

耐久性については、鍛造製法のほうが上です。

鋳造製法では外部から圧力を加える工程がないので、どうしても内部に空洞ができたり、結晶の方向がバラバラのままなので耐久性が低くなってしまいますが、鍛造製法では素材となる金属を鍛えて引き締めるため、高い耐久性が得られるのです。

デザイン性

デザイン性については、鋳造製法のほうが上です。

鍛造製法、特に職人がひとつひとつ職人が鍛造する自由鍛造のばあいは、どうしてもデザインに制約が生じてしまいます。

対して鋳造製法は鋳型に金属を流し込んで作るので、複雑なデザインの指輪も作ることができます。

価格

価格については鋳造製法のほうが低くて済みます。

鋳造製法では、鋳型さえあれば同じデザインのものが大量生産できるため、価格が安くて済みます。

対して鍛造製法ではコスト、そして時間がかかるので価格も高めです。職人の手による自由鍛造ならなおさらです。

サイズ直し

素材にもよりますが、サイズ直しについては鋳造製法のほうがやりやすいです。

鍛造製法の指輪は耐久性が高い反面、硬く変形させにくいのでサイズ直しが困難で、場合によってはサイズ直しができないこともあります。

対して鋳造製法の方は、変形させやすいのでサイズ直しにも融通が効きます。

【まとめ】結婚指輪の製造方法の違いとは?

結婚指輪の製造方法の違いについてはお分かりいただけたでしょうか?

それではここで改めて、製造方法の違いや、どんな人におすすめかをまとめておさらいしてみましょう。

結婚指輪の製造方法は、鋳造製法と鍛造製法のふたつにわけられます。

鋳造製法は、鋳型に溶かした金属を流し込み、冷えて固まったものを取り出す製法です。

メリットとしては、かんたんに大量生産ができるので価格が安くて済むことが挙げられます。

また、鍛造製法に比べて複雑なデザインにすることが可能です。

デメリットとしては強度が劣ることが挙げられます。

以上の特徴から、鋳造製法はできるだけ価格を抑えたい人、複雑なデザインのものが欲しい人におすすめの製法と言えます。。

鍛造製法は、素材となる金属を鍛えて伸ばすことで指輪を作る製法です。

メリットとしては、素材を叩いて伸ばすので高い耐久力を得ることができる点が挙げられます。

また、製造工程で金属の密度が高くなるため、非常になめらかな仕上がりとなるのも大きなメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては価格が高くなること、耐久性が高い代わりにサイズ直しが難しいことが挙げられます。

以上の特徴から、鍛造製法は耐久性の高い指輪が欲しい人、仕上がりを気にする人におすすめの製法と言えます。

ページ上部へ戻る