結婚指輪っていつから着ける?

結婚指輪は恋人から夫婦になった証であり、2人の関係を象徴する特別な記念品ですが、結婚指輪をいつから着ければいいのか、実は必ずしも決まっていません。

しかし、だからこそいつから結婚指輪を着けようかと悩んでしまうカップルも少なくないようです。

みんなはいつから結婚指輪を着けている?

多くのカップルはいつから結婚指輪を着けているのでしょうか。カップルが自由に時期を決められるとはいえ、やはり人気のタイミングはあります。

結婚式の日から

愛し合うカップルにとって特別なイベントである結婚式の中でも、特に感動的な場面といえば「指輪の交換」と「誓いの口づけ」の瞬間かも知れません。

そして、結婚式で交換される指輪は、夫婦の象徴としてそれからの人生でずっと持ち続ける大切なものです。

だからこそ、一秒でも早く結婚指輪を着けたい気持ちをがまんして、結婚式で指輪の交換をするまでは待つというカップルも珍しくありません。

入籍した日から

法律的には、役所に婚姻届を提出して入籍した日が正式に夫婦として認められる記念日になります。その為、2人の人生にとって大切で特別な節目を迎えた瞬間も、結婚指輪を着け始めるタイミングとして人気です。

加えて、入籍する日は、結婚式場や招待客の都合を無視できない結婚式の日とは違って、完全に2人だけで決められる日でもあります。

そういう面でも、入籍する日は結婚指輪を着け始める日としてぴったりかも知れません。

また、入籍の日から結婚指輪を着ける場合でも、互いの指に結婚指輪をはめた状態で婚姻届を提出するカップルや、役所で婚姻届が受理された後で指輪をはめるカップルなど、そのタイミングには微妙な差があるようです。

最近はSNSなどで、指輪をはめた手で婚姻届を持っている写真をアップするカップルも増えており、一生の記念日を幸せの象徴で飾ることはとても美しい思い出作りになるでしょう。

指輪が完成した日から

結婚指輪は婚約指輪と異なり、2人のイニシャルや誕生石を指輪にあしらうなど、特別な装飾が施されています。

その為、宝石店で注文したオーダーメイドの結婚指輪が完成して、それを受け取る瞬間は、2人の想いを改めて実感できる非常に印象的なイベントです。

その為、指輪が完成した日も、結婚指輪を着け始めるタイミングとしては人気です。

2人にとって特別な記念日

初めて2人が出会った日や、交際をスタートさせた日、プロポーズの記念日、どちらかの誕生日など、それぞれのカップルにとって大切な記念日は色々とあります。

また、婚約してから実際に式場で結婚式を挙げたり、落ち着いてから入籍したりするまで、数ヶ月単位で時間を空けることも珍しくありません。

そこで、その間に2人の気持ちを確かめ合う意味も込めて、自分たちの記念日に結婚指輪を着け始めるカップルも多いようです。

結婚指輪をいつから着けたい?一番人気は「結婚式後」

人気の結婚情報誌や結婚情報サイトなどの多くが、全国のカップルを対象に「結婚指輪をいつから着けたいか」というアンケート調査を行っています。

そして、それらの結果を平均すると、およそ6割以上のカップルが、「結婚指輪は結婚式を終えてから着けていきたい」と回答していることになりました。

結婚式の前から結婚指輪を着ける際のポイント

結婚指輪を挙式の前から着けたいと思っていても、そうすることで結婚式までに指輪が傷ついたらどうしようかと心配して、結局は結婚式の当日まで着けたい気持ちを必死に抑えているという人もいます。

実際、指輪を普段使いしていると、細かい傷が大事な結婚指輪に付いてしまうことを避けられません。

ただし、宝石店やジュエリーブランドでは、保証サービスの中に、指輪の表面を磨いてキレイにしてくれる「磨き直しサービス」を行っていることもあり、それを利用すれば挙式前に結婚指輪の細かい傷を消して、ピカピカの状態に戻すことも可能です。

結婚指輪を購入する際は、磨き直しが保証サービスに含まれているか、そもそも保証サービスの期間がどれくらいかなどについても、しっかり確認しておくことが大切です。

まとめ

いつから指にはめるべきなのか特に決まっていない結婚指輪ですが、だからこそ結婚指輪を着け始めるタイミングとしては、それぞれのカップルが自分たちにとっての“ベスト”な時を選びます。

何よりも大切なことは、実際に結ばれる2人の気持ちや考え方です。夫婦として最高のスタートを切る為にも、自分たちにとって最も適した日がいつなのか、2人でじっくり話し合って決めるようにしましょう。

ページ上部へ戻る