150年以上の伝統に裏付けされた、フランスのメゾンジュエラー

ブシュロンの特徴と口コミ

1858年の創業以来、妥協を許さないものづくりと独創的なデザインで世界中の人々に愛されてきたフランス発のハイジュエラー「ブシュロン(BOUCHERON)」。世界5大ジュエラーのひとつとされ、21世紀もなお幅広い年代に支持されています。とはいえ、日本ではまだ広く認知されていないのが実情。ブライダル戦線ではどのような評価を得ているのでしょうか?ブランドの歴史や特徴、おすすめポイント、口コミをご紹介します。

結婚指輪ブランド&ショップ 編集部おすすめ

ブランドの特徴と歴史

パリで花開いた、世界最高峰のハイジュエラー

「ブシュロン(BOUCHERON)」発祥の地はフランスで、1858年に宝飾技師フレデリック・ブシュロンが創業しました。後に時計の販売なども始め、1893年にパリのヴァンドーム広場26番地に店舗を移します。ここは現在、超高級ホテルのリッツをはじめ、数多くのブランド店や宝飾店が本店を構えるにぎやかな場所ですが、当時は貴族たちの館がナポレオンの凱旋記念柱を取り囲む静かなエリア。この地に宝飾店の本店を構えることはまさに躍進といえるもので、以降もブシュロンはヴァンドーム広場にちなんだコレクションやアイテムを多く発表しています。
高い技術力に加え斬新で革新的なデザインを生み出したブシュロンは、万国博覧会において数々の受賞を重ね、2005年にはアレキサンダー・マックイーンとコラボレーションした限定ノヴァック・バッグ、2015年にはブシュロンの永久のシンボルである「キャトル」コレクションの新作を発表しました。

気になるポイントをCHECK!
質

ブシュロンでは、GIA(米国宝石学会)が定める基準において、Gカラー以上で透明度VSクラス以上のダイヤモンドのみを使用しています。また、ゴールドは純金75%を含む合金18K(750/1000)を使用することで、変形しにくく、傷に強く、空気や水に触れても変質や酸化することのないリングとなっています。合金はイエロー系の色合いに変化を与え、ホワイト、ピンクなどのゴールドとして加工することができ、多様なデザインを可能にしています。専門家による年に一度の定期的なメンテナンスを推奨しており、ブティックまたは正規取扱店に持ち込みが可能です。

デザイン

ブシュロンのマリッジリングは創造性と伝統が見事に融合したラインナップ。ブシュロンのアイコニックなリング「キャトル」シリーズや、ダイヤモンドに施されるファセットカットからインスピレーションを得た「ファセット」、ヴァンドーム広場の石畳を表現した「ディアマン」など、伝統的なモチーフをモダンに昇華させたオリジナリティ溢れるリングが有名。女性だけでなく男性に似合うデザインが多いのも人気の理由です。

費用相場

ブシュロンの価格設定は10万円~80万円と大きく開いています。国内ブランドに比べると少し高めですが、あらゆる予算で検討している人たちが手を出しやすい価格帯。他の5大ジュエラーと比較すると平均的な印象です。人気ラインの「ファセット」は3種類のゴールドで展開しており、17万円~32万円。ラウンドダイヤモンド33個と2色のゴールドを使用した「キャトル・クラシック」は、80万円程度となっています。

ブシュロンのアフターサービス

ブシュロンの結婚指輪は、高級ブランドながらも、比較的リーズナブルな価格設定のリングを取り揃えているのが特徴。アフターサービスも高級ブランドならではの、質の高いサービスを提供しています。
指輪のクリーニングやメンテナンスなどは無料で対応していますので、サービスを利用することできれいな状態を保つことができます。指輪の状態によって無料での対応が難しい場合もありますので、店舗スタッフに相談をしてみましょう。


ブシュロンで人気の結婚指輪を紹介

クル ド パリ プラチナ リング

特徴:

ブシュロンと言えばクル・ド・パリ、というほど代表的なデザイン。シンプルなプラチナリングに丁寧に彫刻することで、あらゆる方向からの光を反射し、プラチナ特有の輝きを放ちます。ダイヤモンドなどはついていませんが、彫刻によって都会的で洗練されたデザインになり、どんな場所でもつけることができるオールマイティさが魅力。イエローゴールドとピンクゴールドからも選ぶことができます。

価格:
163,080円(税込)
材質:
プラチナ

エピュール プラチナ リング

特徴:

プラチナのみで、目立った装飾がないシンプルな結婚指輪ですが、その表面は美しく研磨されていて上品な輝き。また、リングのエッジ部分も丁寧に削られていて、家事などを行う際にも邪魔になることはありません。手を握っても違和感が感じられないような形になっているので、身につけていることを忘れてしまうような付け心地でしょう。また、婚約指輪との重ね付けもしやすく、どんなファッションにも似合います。

価格:
136,080円(税込)
材質:
プラチナ

ファセット リング

特徴:

全体をダイヤ型に削ったファセットリングは、光の反射率がとても高く、リング自体が美しく輝きます。その中の一面にはダイヤモンドが3石のみ、控えめに配置されており、派手すぎない華やかさを演出。ダイヤモンドを使用することによって、女性らしい雰囲気がありますが、都会的なシャープさが残っているところが、ブシュロンらしいリングでしょう。ダイヤモンドなしのバージョンもあります。

価格:
343,440円(税込)
材質:
プラチナ&ダイヤモンド0.02ct

ゴドロン リング

特徴:

幅を広めにとったプラチナリングの中央には、シンプルに1本だけ、彫刻による線が入っています。注目すべきは、その線のエッジ部分。エッジ部分を見ると、職人が一つひとつのリングを丁寧に彫っていることが良く分かり、その丸みを帯びたラインの美しさは、見惚れてしまうほどです。シンプルなデザインですから、日常使いしやすく、男性でも抵抗なくつけていられる結婚指輪でしょう。

価格:
227,880円
材質:
プラチナ

キャトル ラディアント リング

特徴:

キャトルリングは、ブシュロンでも特に人気が高いアイテムです。こちらは規則的に彫刻が施された下部と、エタニティタイプになっている上部で、二重構造となっているリングです。ひとつでも十分な存在感がありますが、他のキャトルシリーズとの重ね付けもおすすめ。組み合わせによって様々な楽しみ方ができ、合計0.25ctものダイヤモンドが、女性らしい華やかさを添えてくれます。

価格:
604,800円(税込)
材質:
ホワイトゴールド&ダイヤモンド0.25ct

セルパンボエム リング

特徴:

リング全体に、細かな編み目のような彫刻が施されていますが、実は、これは「ヘビ」をモチーフとしたものです。ヘビと聞くと嫌がる女性もいるかもしれませんが、ブシュロンにとって、ヘビは「愛と保護」の象徴。肌身離さずつけている結婚指輪ですから、愛に満たされた結婚生活を守ってくれるお守りとしても、最適な存在となるでしょう。デザインとしても重厚な雰囲気で、年齢を経ても違和感なくつけられます。

価格:
108,000円(税込)
材質:
ホワイトゴールド
ブシュロンの特徴と口コミ

2人の希望をすべて叶えてくれたリング

とにかくたくさんのブランドや口コミ評判のいいお店に足を運びましたが、どれも素敵で迷ってしまうので、夫婦で絶対に外せないポイントを決めました。主人は「ずっと使っていける信頼のブランドとデザイン」、私は「少し太めで個性的なデザイン」。この両方の希望を兼ね備えていたのがブシュロンのリングでした。エレガントなデザインで指にもよく映え、歳を重ねても身に付けられるデザインだと満足しています。お店の店員さんも丁寧で、こちらを居心地よくしてもらえる接客でした。

デザインにこだわってたどり着いた

ハイジュエラーの中で、石なしでデザイン性の優れた指輪を探してたどり着きました。石なしのデザインにこだわったのは、リングが回るたびに石の方向を直さなければいけないのと、料理の際に汚れが隙間に入るという話を先輩から聞いたからです。ブシュロンはデザイン性の高いものばかりでうっとりしてしまいました。職業柄あまり派手なリングはつけられないので、落ち着いたデザインのものにしましたが、角度を変えるたびにキラキラするところが気に入っています。

記念日ごとに増えていくロマンティックなリング

結婚指輪をブシュロンで買う決め手となったのは、記念日ごとに指輪を買い足して重ね付けする楽しみがあるところ。ジュエリーブランドとして昔からあるブランドなので、品質に対しても安心感がありました。店員さんの接客も丁寧で、ひとつひとつ丁寧に説明してくれたのも嬉しかったです。記念日の指輪の候補になりそうな別デザインの指輪も見せていただき、とても気に入りました。また見に行くのが楽しみです。

メジャーすぎないブランド。落ち着いて選べる

結婚指輪はブシュロンで購入すると決めていました。ブシュロンはティファニーやカルティエなどに比べ、購入者の年齢層が高い気がします。そのせいか店内はいつも静かで落ち着いていて、のんびり選ぶことができます。あと、あまりメジャーすぎないブランドなのも選んだポイントのひとつです。マリッジリングはエンゲージリングとともに特別な買い物なので、ザワザワ混み合った店で焦って試着するのが嫌だという方はぜひ行ってみてください。

ブランド総合評価

150年以上の伝統と技が光る、知る人ぞ知る宝飾ブランド

長い歴史と熟練の職人技で数々のセレブを虜にし、パリ5大宝飾ブランド(グランサンク)として数えられているブシュロン。その真骨頂ともいえるのが、たくさんの人々のラブストーリーを彩ってきたブライダルコレクションです。一見シンプルながら、伝統的なモチーフをモダンに昇華させたオリジナリティ溢れるデザイン。「キャトル」「ファセット」「ディアマン」など人気シリーズの他にも、創業者と最愛の妻のエピソードにインスピレーションを受けた「セルパンボエム」など、リングに込められたロマンティックなストーリー性にも注目が集まっています。記念日にリングを増やしていくという、夫婦の“それから”を担うアプローチも積極的に行っており、結婚後に幾度となく足を運ぶカップルも多いようです。ブシュロンは、北海道から沖縄まで全国に20店舗を構えています。もしこのブランドを知らなかった方は、候補に加えてみてはいかがでしょうか?

三越 日本橋本店
住所:
〒103-8001 東京都中央区 日本橋室町1-4-1 6階
TEL:
03- 3516-6751
問い合わせ:
http://jp.boucheron.com/ja_jp/contacts.html
休業日:
※記載なし

※上記本店以外の店舗情報はブランド公式サイトにてご確認ください。

ページ上部へ戻る