150年以上の伝統に裏付けされた、フランスのメゾンジュエラー

ブシュロンの特徴と口コミ

1858年の創業以来、妥協を許さないものづくりと独創的なデザインで世界中の人々に愛されてきたフランス発のハイジュエラー「ブシュロン(BOUCHERON)」。世界5大ジュエラーのひとつとされ、21世紀もなお幅広い年代に支持されています。とはいえ、日本ではまだ広く認知されていないのが実情。ブライダル戦線ではどのような評価を得ているのでしょうか?ブランドの歴史や特徴、おすすめポイント、口コミをご紹介します。

結婚指輪ブランド&ショップ 編集部おすすめ

ブランドの特徴と歴史

パリで花開いた、世界最高峰のハイジュエラー

「ブシュロン(BOUCHERON)」発祥の地はフランスで、1858年に宝飾技師フレデリック・ブシュロンが創業しました。後に時計の販売なども始め、1893年にパリのヴァンドーム広場26番地に店舗を移します。ここは現在、超高級ホテルのリッツをはじめ、数多くのブランド店や宝飾店が本店を構えるにぎやかな場所ですが、当時は貴族たちの館がナポレオンの凱旋記念柱を取り囲む静かなエリア。この地に宝飾店の本店を構えることはまさに躍進といえるもので、以降もブシュロンはヴァンドーム広場にちなんだコレクションやアイテムを多く発表しています。
高い技術力に加え斬新で革新的なデザインを生み出したブシュロンは、万国博覧会において数々の受賞を重ね、2005年にはアレキサンダー・マックイーンとコラボレーションした限定ノヴァック・バッグ、2015年にはブシュロンの永久のシンボルである「キャトル」コレクションの新作を発表しました。

気になるポイントをCHECK!
質

ブシュロンでは、GIA(米国宝石学会)が定める基準において、Gカラー以上で透明度VSクラス以上のダイヤモンドのみを使用しています。また、ゴールドは純金75%を含む合金18K(750/1000)を使用することで、変形しにくく、傷に強く、空気や水に触れても変質や酸化することのないリングとなっています。合金はイエロー系の色合いに変化を与え、ホワイト、ピンクなどのゴールドとして加工することができ、多様なデザインを可能にしています。専門家による年に一度の定期的なメンテナンスを推奨しており、ブティックまたは正規取扱店に持ち込みが可能です。

デザイン

ブシュロンのマリッジリングは創造性と伝統が見事に融合したラインナップ。ブシュロンのアイコニックなリング「キャトル」シリーズや、ダイヤモンドに施されるファセットカットからインスピレーションを得た「ファセット」、ヴァンドーム広場の石畳を表現した「ディアマン」など、伝統的なモチーフをモダンに昇華させたオリジナリティ溢れるリングが有名。女性だけでなく男性に似合うデザインが多いのも人気の理由です。

費用相場

ブシュロンの価格設定は10万円~80万円と大きく開いています。国内ブランドに比べると少し高めですが、あらゆる予算で検討している人たちが手を出しやすい価格帯。他の5大ジュエラーと比較すると平均的な印象です。人気ラインの「ファセット」は3種類のゴールドで展開しており、17万円~32万円。ラウンドダイヤモンド33個と2色のゴールドを使用した「キャトル・クラシック」は、80万円程度となっています。

ブシュロンのアフターサービス

ブシュロンの結婚指輪は、高級ブランドながらも、比較的リーズナブルな価格設定のリングを取り揃えているのが特徴。アフターサービスも高級ブランドならではの、質の高いサービスを提供しています。
指輪のクリーニングやメンテナンスなどは無料で対応していますので、サービスを利用することできれいな状態を保つことができます。指輪の状態によって無料での対応が難しい場合もありますので、店舗スタッフに相談をしてみましょう。


ブシュロンで人気の結婚指輪を紹介

キャトル クラシック リング

特徴:

ブシュロンの特徴とも言える、とてもスタイリッシュなデザインの結婚指輪。合計0.25ctのラウンドカットダイヤオーモンドをエタニティ状にあしらい、その隣にブラウンPVD加工を施したパヴェ状のデザインを添えています。マテリアルは18Kピンクゴールド。指輪をサイドから見たときも、ピンクゴールドの輝きが目に入ります。

価格:
528,120円(税込)
材質:
ピンクゴールド、ホワイトゴールド、ブラウンPVD

画像引用元:ブシュロン公式HP
(https://jp.boucheron.com/ja_jp/the-creations/bridal/wedding-bands/quatre-classique-wedding-band-pave-diamonds.html)

キャトル ホワイト リング

特徴:

上でご紹介したキャトル クラシック リングにコンセプトは似ていますが、こちらはブラウンPVDの代わりにホワイトセラミックを施したもの。ダイヤモンドを配さず、18Kピンクゴールドの光沢を強調している点も特徴のリングです。フェミニンな印象の中に、知的でスマートな女性をイメージさせる作品。石を使用していないため、ブシュロンの結婚指輪の中ではリーズナブルな価格。

価格:
216,000円(税込)
材質:
ピンクゴールド、ホワイトセラミック

画像引用元:ブシュロン公式HP
(https://jp.boucheron.com/ja_jp/the-creations/bridal/wedding-bands/quatre-white-edition-wedding-band-pink-gold-ceramic.html)

キャトル ホワイト リング

特徴:

上でご紹介したキャトル ホワイト リングとデザインは同じですが、こちらは18Kピンクゴールドの部分をメレダイヤで敷き詰めたもの。メレダイヤとホワイトセラミックの調和が、エレガントで繊細な女性の印象を演出します。ダイヤモンドは合計33個、カラット数は計0.25ct。一粒ダイヤを始め、さまざまなタイプの婚約指輪との重ね着けがマッチします。

価格:
506,520円(税込)
材質:
ピンクゴールド、ホワイトゴールド、ホワイトセラミック

画像引用元:ブシュロン公式HP
(https://jp.boucheron.com/ja_jp/the-creations/bridal/wedding-bands/quatre-white-edition-wedding-band-diamonds-pink-gold.html)

キャトル ブラック リング

特徴:

先にご紹介したキャトルクラシックリングの姉妹デザイン。幅のあるフラットタイプのアームに、片側をメレダイヤで、もう片側をブラックPVDであしらいました。ラウンドカットダイヤモンドの数は合計33個。カラット数は合計0.25ct。素材は18Kホワイトゴールドです。ビジネスシーンにもよく映えるデザインでしょう。

価格:
583,200円(税込)
材質:
ホワイトゴールド、ブラックPVD

画像引用元:ブシュロン公式HP
(https://jp.boucheron.com/ja_jp/the-creations/bridal/wedding-bands/quatre-black-edition-wedding-band-diamonds.html)

グログラン リング

特徴:

マテリアルはイエローゴールド。やや幅のあるフラットタイプのアームに、大胆な彫刻を均等に周回させた結婚指輪です。奇抜なデザインではありますが、一方で、不思議な安定感も持つ作品。ドレスを着た女性の指から、スーツを着た男性の指まで、どんな指にも普遍的にマッチングするデザインでしょう。価格は16万円台とリーズナブル。

価格:
166,320円(税込)
材質:
イエローゴールド

画像引用元:ブシュロン公式HP
(https://jp.boucheron.com/ja_jp/the-creations/bridal/wedding-bands/grosgrain-yellow-gold-wedding-band.html)

キャトル ラディアント マリッジリング

特徴:

リングの左右に異なるデザインを施す、ブシュロンならではの作品。片側を素材のフラットな輝きのままにし、もう片側に均等なブロックを連続させたデザインです。マテリアルは18Kイエローゴールド。国内ブランドでは見られない奇抜なデザインながら、日本人の感性にも刺さる魅惑的な香りが特徴です。重ね着けよりも、むしろ単体での使用がおすすめ。

価格:
232,200円(税込)
材質:
イエローゴールド

画像引用元:ブシュロン公式HP
(https://jp.boucheron.com/ja_jp/the-creations/bridal/wedding-bands/quatre-radiant-edition-wedding-band-yellow-gold.html)

エピュール

特徴:

18Kホワイトゴールドの極細ストレートリングの上に、素材を覆わんばかりのメレダイヤをフルサークルでセッティングした、キュートながらエレガントなエタニティリングです。リングに配されたダイヤモンドは合計45個。総カラット数は0.26ctです。ダイヤモンドの輝きが強いので、細身でも十分な存在感が感じられる結婚指輪。

価格:
311,040円(税込)
材質:
ホワイトゴールド

画像引用元:ブシュロン公式HP
(https://jp.boucheron.com/ja_jp/the-creations/bridal/wedding-bands/epure-wedding-band-paved-diamonds-white-gold.html)

エピュール

特徴:

18Kピンクゴールドのストレートリングの上に、大小3列のダイヤモンドを規則的にセッティングした結婚指輪。ダイヤモンドの数は合計144個、カラット数は1.02ctと、非常に贅沢な指輪に仕上がっています。ダイヤモンドのすき間からの覗くピンクゴールドが、究極のフェミニンを印象付け。ドレスアップするシーンでも、単体の着用だけで十分な存在感です。

価格:
1,177,200円(税込)
材質:
ピンクゴールド

画像引用元:ブシュロン公式HP
(https://jp.boucheron.com/ja_jp/the-creations/bridal/wedding-bands/epure-wedding-band-paved-diamonds-pink-gold.html)

エピュール

特徴:

細身でフラットなタイプのストレートリング。デザイン自体はシンプルですが、日本のブランドからは生まれ得ない不思議な魅力をたたえる結婚指輪です。プラチナなホワイトゴールドなど、カラーを変えた婚約指輪との重ね着けがよくマッチするでしょう。ブシュロンの結婚指輪の中では最安値級の10万円未満。ヴァンドーム広場にブティックを構えるブランドとは思えない価格。

価格:
96,120円(税込)
材質:
イエローゴールド

画像引用元:ブシュロン公式HP
(https://jp.boucheron.com/ja_jp/the-creations/bridal/wedding-bands/epure-small-wedding-band-yellow-gold.html)

ファセット プラチナ リング

特徴:

ブシュロンが得意とするファセットカットを施したストレートリング。職人技術によって磨き尽くされた面の輝きが、まるで鏡のような透明感をたたえます。マテリアルはプラチナ。パヴェ状のそれテールリングと重ね着けすれば、それぞれの指輪の魅力が相乗効果で発揮されそうです。スマートな印象なので、ビジネスシーンの男性にもよく合うことでしょう。

価格:
164,160円(税込)
材質:
プラチナ

画像引用元:ブシュロン公式HP
(https://jp.boucheron.com/ja_jp/the-creations/bridal/wedding-bands/facette-small-platinum-wedding-band.html)

ファセット イエローゴールド リング

特徴:

先にご紹介したファセット プラチナ リングと、コンセプトを共にする作品。幅はやや風呂目で、かつマテリアルにイエローゴールドを採用しています。プラチナを男性が、こちらを女性が着用して統一感を持たせてみても良いでしょう。重ね着けを狙うよりも、むしろ単体で使用したほうが魅力的な結婚指輪かも知れません。

価格:
194,400円(税込)
材質:
イエローゴールド

画像引用元:ブシュロン公式HP
(https://jp.boucheron.com/ja_jp/the-creations/bridal/wedding-bands/facette-yellow-gold-wedding-band.html)

ゴドロン

特徴:

まるで究極のフェミニンを追求したかのような、とても鮮やかなピンクゴールドのストレートリング。ピンクゴールドリングにおいて、これほどにピンク色を再現したリングは、他にないかも知れません。リングだけ一見すれば、若い女性限定のような印象も受けますが、年齢に関わらず指元に優雅な印象を添える作品。ブシュロンならではのデザイン性が感じられます。

価格:
191,160円(税込)
材質:
ピンクゴールド

画像引用元:ブシュロン公式HP
(https://jp.boucheron.com/ja_jp/the-creations/bridal/wedding-bands/godron-small-pink-gold-wedding-band.html)

クル ド パリ

特徴:

「光の都」と評されるパリの人々の精神と、パリの象徴であるヴァンドーム広場の石畳をモチーフに作られた作品。磨き抜かれたプラチナで輝く彫刻が、まさに光り輝くパリの人たちの精神を現わしているかのよう。男性に合いそうなデザインですが、やや細身なので、女性の指によく映える結婚指輪となるでしょう。一粒ダイヤを持つペアリングでの購入がおすすめ。

価格:
234,360円(税込)
材質:
プラチナ

画像引用元:ブシュロン公式HP
(https://jp.boucheron.com/ja_jp/the-creations/bridal/wedding-bands/clou-de-paris-platinum-wedding-band.html)

クル ド パリ

特徴:

上でご紹介したクル ド パリと同じデザインの結婚指輪。先のリングのマテリアルがプラチナだったのに対して、こちらはピンクゴールドです。プラチナ版を男性が、ピンクゴールド版を女性が購入する例が多いことでしょう。ストレートリングながら表面のデザインが個性的なので、あえて重ね着けをせずに、指にスマートな印象を残したほうが魅力的かも知れません。

価格:
191,160円(税込)
材質:
ピンクゴールド

画像引用元:ブシュロン公式HP
(https://jp.boucheron.com/ja_jp/the-creations/bridal/wedding-bands/clou-de-paris-pink-gold-wedding-band.html)

セルパンボエム リング

特徴:

セルパンボエム リングの「セルパン」とは、スネークのこと。創業者のフレデリック・ブシュロンは、妻のガブリエルの守り神として、スネークをモチーフにしたネックレスを贈ったとされています。以来、ブランドにとってスネークは、愛と保護を象徴するモチーフに。愛する人を守りたいという男性の気持ちがこもった、細身のピンクゴールドリングです。

価格:
100,440円(税込)
材質:
ピンクゴールド

画像引用元:ブシュロン公式HP
(https://jp.boucheron.com/ja_jp/the-creations/bridal/wedding-bands/serpent-boheme-wedding-band-pink-gold.html)

キャトル ブラック リング

特徴:

ブシュロンを代表するコレクション「ゴドロン」と「クル ド パリ」のデザインを混合させた結婚指輪。18Kホワイトゴールドの白い輝きと、深遠な闇を思わせるかのようなブラックPVDの対比が見事に調和した、ブシュロンの代表作の一つです。女性が着用すればクールな印象に、男性が着用すればオシャレな印象に。男女で表情を変える作品は、ブシュロンの得意分野。

価格:
267,840円(税込)
材質:
ホワイトゴールド、ブラックPVD

画像引用元:ブシュロン公式HP
(https://jp.boucheron.com/ja_jp/the-creations/bridal/wedding-bands/quatre-black-edition-wedding-band-white-gold-black-pvd.html)

キャトル ラディアント リング

特徴:

合計33個、0.25vtのメレダイヤをエタニティ状にあしらい、その隣に並行して段差を付けたイエローゴールドを周回させています。まったく違う特徴を持った二層のサークルで協和音を奏でる、非常に芸術性の高い作品。同じデザインのままセンターダイヤモンドを1石セッティングしたエンゲージリングも用意しています。

価格:
594,000円(税込)
材質:
イエローゴールド、ホワイトゴールド

画像引用元:ブシュロン公式HP
(https://jp.boucheron.com/ja_jp/the-creations/bridal/wedding-bands/wedding-band-quatre-lumiere-yellow-gold.html)

ブシュロンの特徴と口コミ

2人の希望をすべて叶えてくれたリング

とにかくたくさんのブランドや口コミ評判のいいお店に足を運びましたが、どれも素敵で迷ってしまうので、夫婦で絶対に外せないポイントを決めました。主人は「ずっと使っていける信頼のブランドとデザイン」、私は「少し太めで個性的なデザイン」。この両方の希望を兼ね備えていたのがブシュロンのリングでした。エレガントなデザインで指にもよく映え、歳を重ねても身に付けられるデザインだと満足しています。お店の店員さんも丁寧で、こちらを居心地よくしてもらえる接客でした。

デザインにこだわってたどり着いた

ハイジュエラーの中で、石なしでデザイン性の優れた指輪を探してたどり着きました。石なしのデザインにこだわったのは、リングが回るたびに石の方向を直さなければいけないのと、料理の際に汚れが隙間に入るという話を先輩から聞いたからです。ブシュロンはデザイン性の高いものばかりでうっとりしてしまいました。職業柄あまり派手なリングはつけられないので、落ち着いたデザインのものにしましたが、角度を変えるたびにキラキラするところが気に入っています。

記念日ごとに増えていくロマンティックなリング

結婚指輪をブシュロンで買う決め手となったのは、記念日ごとに指輪を買い足して重ね付けする楽しみがあるところ。ジュエリーブランドとして昔からあるブランドなので、品質に対しても安心感がありました。店員さんの接客も丁寧で、ひとつひとつ丁寧に説明してくれたのも嬉しかったです。記念日の指輪の候補になりそうな別デザインの指輪も見せていただき、とても気に入りました。また見に行くのが楽しみです。

メジャーすぎないブランド。落ち着いて選べる

結婚指輪はブシュロンで購入すると決めていました。ブシュロンはティファニーやカルティエなどに比べ、購入者の年齢層が高い気がします。そのせいか店内はいつも静かで落ち着いていて、のんびり選ぶことができます。あと、あまりメジャーすぎないブランドなのも選んだポイントのひとつです。マリッジリングはエンゲージリングとともに特別な買い物なので、ザワザワ混み合った店で焦って試着するのが嫌だという方はぜひ行ってみてください。

ブランド総合評価

150年以上の伝統と技が光る、知る人ぞ知る宝飾ブランド

長い歴史と熟練の職人技で数々のセレブを虜にし、パリ5大宝飾ブランド(グランサンク)として数えられているブシュロン。その真骨頂ともいえるのが、たくさんの人々のラブストーリーを彩ってきたブライダルコレクションです。一見シンプルながら、伝統的なモチーフをモダンに昇華させたオリジナリティ溢れるデザイン。「キャトル」「ファセット」「ディアマン」など人気シリーズの他にも、創業者と最愛の妻のエピソードにインスピレーションを受けた「セルパンボエム」など、リングに込められたロマンティックなストーリー性にも注目が集まっています。記念日にリングを増やしていくという、夫婦の“それから”を担うアプローチも積極的に行っており、結婚後に幾度となく足を運ぶカップルも多いようです。ブシュロンは、北海道から沖縄まで全国に20店舗を構えています。もしこのブランドを知らなかった方は、候補に加えてみてはいかがでしょうか?

三越 日本橋本店
住所:
〒103-8001 東京都中央区 日本橋室町1-4-1 6階
TEL:
03- 3516-6751
問い合わせ:
http://jp.boucheron.com/ja_jp/contacts.html
休業日:
※記載なし

※上記本店以外の店舗情報はブランド公式サイトにてご確認ください。

ページ上部へ戻る