世界中のセレブたちが憧れる“キング・オブ・ダイヤモンド”

Harry Winstonの特徴と口コミ

ハリー・ウィンストン(Harry Winston)は世界最高級のジュエリーと時計を扱うジュエラー。ティファニー・カルティエ・ブルガリ・ヴァンクリーフ&アーペルと並び、世界5大ジュエラーのひとつです。その歴史は古く、グレース・ケリー、エリザベス・テイラーなどの名だたるセレブに愛されてきました。そんなハリー・ウィンストンの結婚指輪にはどのような特徴があるのでしょうか?“憧れ”だけで終わらせないためにも、歴史や評判をチェックしておきましょう。

結婚指輪ブランド&ショップ 編集部おすすめ

[PR]

ブランドの特徴と歴史

ニューヨーク5番街からトップジュエラーに君臨した天才宝石商

宝石の鑑別に関して類まれな才能を持っていた宝石商ハリー・ウィンストンは、1932年、自らの名前をブランド名にアメリカ・ニューヨークで創業。究極のクオリティとデザインの追及を企業理念に、リメイク・デザイン・売買などで功績を上げ、宝石の美しさを最大限に引き出す“ウィンストニアン・スタイル”という独自のセッティング技法を開発。ジュエリー界で確固たる地位を築き上げました。1943年には、アカデミー賞授賞式で女優が身に付けるジュエリーの貸し出しを先駆けて提案。その輝きは数多くのセレブの胸元を飾り、ハリウッド黄金期を華々しく彩りました。“キング・オブ・ダイヤモンド”や“スターのジュエラー”などの総称で世界中の女性の注目を集める中、1978年に創業者が死去。後任にはハリーの息子ロナルド・ウィンストンが就き、父親譲りの情熱とビジネスセンスでサロンの開設や時計ラインなどの事業を一気に拡大。80年以上に及ぶ歴史を通じて世界5大ジュエラーのひとつとなった「ハリー・ウィンストン(Harry Winston)」は、現在ニューヨークを中心にビバリーヒルズ・パリ・ロンドン・東京・北京・香港・上海など、各国でサロンを展開しています。

気になるポイントをCHECK!
質

創業者ハリー・ウィンストンは、ダイヤモンドを手に入れるたびに、その石の輝きを最大限に引き出すデザインやセッティングを施しました。この“ダイヤモンド至上主義”は、現在も色濃く受け継がれています。ブランドの代名詞ともいえる技法“スプリットプロング・セッティング(割爪)”は、ダイヤモンドをしっかりと固定するとともに、究極の輝きを引き出すことを可能にしました。さらに、ダイヤモンドの選定には“4C”の他にも独自の基準を設け、入念な検査を経て工房から出荷されます。ハリー・ウィンストンのジュエリーは、宝石鑑定士、デザイナー、職人たちの努力と技術の結晶なのです。

デザイン

ダイヤモンドの輝きを最も相応しい形で引き出すハリー・ウィンストンのデザインは、デザイナーの精密な手描きのスケッチから始まり、熟練した職人によってセッティングを作り上げていきます。デザインはゴージャスなものからシンプルなものまでさまざまですが、ほとんどのデザインにダイヤモンドがあしらわれています。繊細でエレガントなデザインが多く、厳選されたダイヤモンドの輝きはさすがです。

費用相場

ハイジュエラーブランドだけに、ハリー・ウィンストンは価格が高いことでも有名。それなりの覚悟は必要ですが、シンプルなものなら30万円ほどから購入することができます。もっとも、100万円以上になるリングもあるので簡単には決められないかもしれませんが、「彼女が憧れていた」という理由で決断したカップルは多いようです。「エンゲージリングよりは手に入りやすい」という観点で結婚指輪にトライしてみるもの良いかもしれません。

ハリーウィンストンのアフターサービス

ハリーウィンストンでは、結婚指輪などジュエリーを購入した人を対象に、アフターサービスを提供しています。クリーニングはもちろんですが、指輪の各種メンテナンスを専門スタッフが丁寧に対応してくれますので安心です。ほかにもハイブランドならではの質の高いサービスを提供していますので、アフターサービスの内容もふまえて結婚指輪の購入を検討されている方は、一度サロンへ足を運んでスタッフに確認をすると良いでしょう。


ハリーウィンストンで人気の結婚指輪を紹介

ラウンド・マリッジリング

特徴

シンプルなデザインの結婚指輪ですが、丸みを帯びていて、コロンとしたシルエットが可愛らしい印象。中央に1石のみ、ベゼルセッティングのダイヤモンドが、ワンポイントとして埋め込まれています。ダイヤモンドの立爪のセッティングでは、日常使いには派手だと感じられる場合。その点、ベゼルセッティングだと、カジュアルな服装にも違和感がなく、使い勝手は良くなるでしょう。

価格
313,200円~
材質
プラチナ&ダイヤモンド0.04ct

プリンセスカット・マリッジリング

特徴

エッジの立ったプラチナリングに、存在感のある大き目ダイヤが配置されている結婚指輪。シンプルなデザインが良いけど、ダイヤモンドも欲しい、という方には打ってつけでしょう。ダイヤモンドには、カット面の多い「プリンセスカット」が施されており、その輝きは非常に繊細な印象です。少しの光でも、細かくキラキラと輝きますので、1石のみでも十分な存在感を放ちます。

価格
410,400円~
材質
プラチナ&ダイヤモンド0.11ct

マイクロパヴェ・バンドリング

特徴

細身のリングに、小さなダイヤがパヴェセッティングされている、エタニティタイプの結婚指輪です。エタニティは華やかなリングですが、非常に華奢な造りとなっているので、決して華やか過ぎることはありません。エタニティタイプのメリットとして、「他のリングと重ね付けしやすい」という点が挙げられます。婚約指輪との重ね付けにもピッタリで、様々なファッションに合わせやすいでしょう。

価格
982,800円~
材質
プラチナ&ダイヤモンド0.29ct

ワンロウパヴェ・バンドリング

特徴

2本のラインがクロスしたようなリングデザインに、1本のみメレダイヤモンドが敷き詰められています。その緩やかな曲線はエレガントな印象で、パーティーなどの華やかな場でも確かな存在感を放つでしょう。ですが、結婚指輪は日常的につけているもの。プラチナのみのラインとクロスさせることによって、女性らしい奥ゆかしさも感じさせ、日常使いもしやすいリングとなっています。

価格
496,800円~
材質
プラチナ&ダイヤモンド0.12ct

ラウンドウェーブ・バンドリング

特徴

独特な美しさを持つ曲線で造られたこのリング。全体を緩やかにカーブさせることで、個性的でありながら、柔らかい印象を与えます。カーブによって膨らみが出る部分には、1石ずつダイヤモンドが配置されていますが、ベゼルセッティングなのでカジュアルな印象。立爪が引っかかることもありませんので、日常的に使用する結婚指輪としては実用的でしょう。

価格
453,600円~
材質
プラチナ&ダイヤモンド0.12ct

バゲット・チャネルセット・リング

特徴

プラチナに挟まれるようにして配置されたダイヤモンドは、結婚指輪としては珍しく、バゲットカットになっています。バゲットカットは、長方形の宝石に平行なカットを施したもの。アールデコの時代に大流行したカット法です。ブリリアントカットと比べると、キラキラした輝きはありませんが、力強いダイヤモンドの存在感を感じさせ、カジュアルなファッションにも似合う結婚指輪でしょう。

価格
1,080,000円~
材質
プラチナ&ダイヤモンド1.15ct
HARRY WINSTONの特徴と口コミ

やはり天下のハリー・ウィンストン!

一生に一度しか買わない。かつ毎日身に付けるものであれば、少しでもいいものをと考えてハリー・ウィンストンにしました。デザインもシンプルでガチャガチャしてないですし、お店の雰囲気、対応、どれをとっても他のグランサンクより格上かなと思います。店員さんは売り込みに来るわけでもなく、かといって遠くにいるわけでもなく、ちょうどいい距離感の中で検討することができました。2人の大切な指輪を見つけることができて良かったです。

結婚というビッグイベントにぴったり

婚約指輪はどれも高額で手が届かなかったので、比較的リーズナブルな結婚指輪をハリー・ウィンストンから選ぶことにしました。結婚というビッグイベントでもない限りご縁のないブランドなので、そういった意味でもハリー・ウィンストンにして正解でした。お店はとにかくゴージャスで緊張しましたが、店員さんは丁寧に接客してくれましたし、店内のジュエリーを見るだけでも楽しかったです。最近は店舗も増え、以前より入りやすい雰囲気になったと思います。

いいものを身に付ければ、女子力もアップ!

もともと婚約指輪はいらないと思っていましたが、彼が贈りたいと言ってくれたので、2人でいろんなブランドを見て回りました。一粒ダイヤの指輪にしたいと思いましたが、なかなか気に入るものがなく…。ハリー・ウィンストンの指輪を見た瞬間、すべてが完璧で一目惚れしてしまいました。かなり予算オーバーだったと思いますが(笑)、どうせなら気に入ったものを大事に使いたいと思ったので買ってもらいました。デザインが繊細で美しく、昼も夜も本当にきれいに輝くので、眺めるだけでうっとりします。ハリー・ウィンストンを身につけていると思うと、自然と背筋が伸びて、女子力が上がる気がします。

絶対にハリー・ウィンストン!と決めていました

結婚指輪は絶対にハリー・ウィンストン!と決めていました。高級で手が届かないイメージですが、シンプルなデザインであれば30万円程度から選べます。もちろん好きなデザインを選ぶと値段も上がりますが、高級で繊細なデザインは本当に素敵です。お店へは予約をして行ったので、待ち時間はありませんでした。私たちのような若い夫婦では相手にしてもらえないかな…という不安もありましたが、入店から着席まで係の方が案内をしてくれて、ものすごくVIP対応でした。指輪のクリーニングで今でもたまに行きますが、丁寧に対応してくれます。

ブランド総合評価

最高のステータスにして、花嫁の永遠の憧れ

マリリン・モンローが、映画『紳士は金髪がお好き』の中で「教えてハリー!私にダイヤモンドのすべてを!」と歌ったように、ハリー・ウィンストンは美を極めたスターたちからも絶大な信頼を得てきたブランドです。
世界一流の鑑定士と職人が生み出すブライダルリングは、日本の芸能界でも女優の松嶋菜々子さん、山田優さん、北川景子さん、モデルのSHIHOさんらが贈られたことも有名な話。
「女性なら一度は憧れる」という声もよく耳にしますが、一生身に付けるマリッジリングに妥協したくないのなら、まさに誰もが納得するブランドといえるでしょう。
“ダイヤモンド至上主義”に裏打ちされた品質はもちろん、細やかな技巧、可憐な装飾が施されたリングは息を呑むほどの美しさ。
国内では東京、中部、関西で8店舗を展開するハリー・ウィンストン。ぜひ1度足を運んでみては?

Harry Winston(ハリー・ウィンストン) 銀座本店
住所:
〒104-0061 東京都中央区銀座1-8-14
TEL:
03-3535-6441
問い合わせ:
0120-346-376
休業日:
※記載なし

※上記本店以外の店舗情報はブランド公式サイトにてご確認ください。

[PR]

ページ上部へ戻る