後悔しない結婚指輪の選び方完全ガイド » 結婚指輪 人気ブランド徹底研究レポート » 【2020年版】40代におすすめの結婚指輪ブランドは?

更新日:2020-03-16

銀座ダイヤモンドシライシ

飽きの来ないシンプル性が魅力

銀座ダイヤモンドシライシは、1994年、東京銀座に誕生したブランド。ダイヤモンドとマテリアルの品質、飽きの来ないシンプルなデザイン、手の届きやすいリーズナブルな価格を特徴に、ブランド立ち上げ以来、急速に全国拡大を果たしたジュエリーブランドです。

40代女性たちの間では、あまり奇抜で個性的なリングは好まれません。その意味において、飽きの来ないシンプル性を特徴とする銀座ダイヤモンドシライシは、広く40代におすすめできるブランドと言うことができるでしょう。

銀座ダイヤモンドシライシの代表的な結婚指輪を紹介

Illumity/イリュミティ

細身でシンプルなプラチナ製のストレートリング。センターに走る斜めの領域に、煌びやかなメレダイヤをたくさんセッティングしています。女性用と統一感を持たせた男性用リングも、シンプル&スタイリッシュで魅力的。

Illumity/イリュミティ引用元:銀座ダイヤモンドシライシ
(https://www.diamond-shiraishi.jp/marriagering/illumity.html)

日本の伝統美を追求する京都生まれのブランド

俄は、1983年に京都で立ち上げられたジュエリーブランド。日本の伝統美をブランドコンセプトに掲げ、これまで多くの日本人らしい作品を発表してきました。

基本的には飽きの来ないシンプルデザインが多いのですが、ご紹介した「月の雫」のように、俄らしい個性を小さく添えたシンプルデザインが特徴。和のシンプルな伝統美を背景にしつつも、ささやかに添えられたオリジナリティを楽しみたい40代の方は、ぜひ俄の結婚指輪を候補に入れておきましょう。

俄の代表的な結婚指輪を紹介

月の雫/TSUKI NO SHIZUKU

夜空に浮かぶ青白い月。「月の雫」は、その青白い月から雫が滴るかのようなイメージで作られた作品です。やわらかなカーブを描きつつ、センター部分がやや太め。ほんの僅かな工夫で俄らしさを表現した傑作の一つ。

月の雫/TSUKI NO SHIZUKU引用元:俄
(https://www.niwaka.com/bridal/niwaka/wedding/tsuki-no-shizuku.html)

エクセルコダイヤモンド

世界的に有名なダイヤモンドブランド

エクセルコダイヤモンドは、19世紀末にベルギーで生まれたブランド。ダイヤモンドのカッティング技術で名高い「トルコウスキー一族」が創業したダイヤモンドブランドです。

アイディアルブリリアントカットを開発するなど、世界的に名高い海外ブランドである一方、ショップは日本のみで展開。そのため結婚指輪のデザインは、日本人の趣向にマッチしたシンプルなタイプが中心です。着け心地にもこだわって作られていので、日常使いでのストレスもありません。

エクセルコダイヤモンドの代表的な結婚指輪を紹介

Optique/オプティーク

男女ともに細身のストレートリング。女性用のセンターにはラウンドブリリアントカットのメレダイヤ、男性用のセンターにはバケットカットのブラックダイヤがセッティングされています。サイドの鏡面仕上げも特徴的。

Optique/オプティーク引用元:エクセルコダイヤモンド
(https://www.exelco.com/bridal_jewelry/marriagering/optique.php)

ティファニー

有無をも言わさぬ存在感が最大の魅力

40代であろうと20代であろうと、平成であろうと令和であろうと、ほとんどの女性たちが一度は憧れるブランドがティファニー。「なぜティファニーを選んだのか?」という質問に対し「ティファニーだから」という答えが1位を獲得するなど、もはや有無をも言わさぬ存在感がティファニーの最大の魅力です。

一方でティファニーの結婚指輪は、海外ブランドにありがちな主張の強さがありません。むしろ日本ブランドに近い控えめな印象のデザインが多いことも、ティファニーが人気を集める理由の一つなのでしょう。

ティファニーの代表的な結婚指輪を紹介

ティファニー® セッティング/ダイヤモンド ネスティング ナロー バンドリング

センター部分がV字を描いたエタニティタイプのストレートリング。メレダイヤが整然と並べられた幾何学的な印象のある結婚指輪です。V字部分に1粒ダイヤの婚約指輪を重ねれば、華やかで女性らしい指元が演出されるでしょう。

ティファニー® セッティング/ダイヤモンド ネスティング ナロー バンドリング引用元:ティファニー
(https://www.tiffany.co.jp/jewelry/rings/the-tiffany-setting-diamond-nesting-narrow-band-ring-GRP11219/)

杢目金屋

400年前の金属加工技術から生まれた指輪

杢目金屋は、2003年に生まれた比較的新しい国内ブランド。約400年前に存在した特殊な金属加工法、「木目金」という手法で指輪作りを行っているブランドです。

「木目金」とは、簡単に言えば、異なる色のマテリアルを混ぜ合わせて、流体を描いている状態のまま固めてしまう技法。日本人の美意識に近いデザインに仕上がることに加え、二度と同じデザインを作ることができないことからも、男女を問わず結婚指輪として広く人気です。

杢目金屋の代表的な結婚指輪を紹介

月桜

日中の桜はピンク色ですが、夜間の桜はどこかモノトーンな印象。「月桜」は、そんな月夜に浮かぶ桜をイメージしてデザインされた結婚指輪です。木目のような流体の文様が、全体に優美な印象を添えています。

月桜引用元:杢目金屋
(https://www.mokumeganeya.com/marriage/)

カルティエ

シンプルデザインが中心。価格相応の高級感が特徴

カルティエは、1847年にパリで誕生した世界的なジュエリーブランド。日本で展開している海外ブランドの中では、ティファニーと比肩するほどの人気を誇ります。

ヨーロッパ発のブライダルリングは、ともすると個性が強すぎて日本人の感性にマッチしないことがあるのですが、カルティエの場合は逆。むしろ日本人が好みそうな、シンプルで飽きの来ないデザインの結婚指輪が多めです。

価格相応ににじみ出る高級感もカルティエの魅力の一つなので、20代よりも30代、30代よりも40代の指にマッチする傾向があるでしょう。

カルティエの代表的な結婚指輪を紹介

ÉTINCELLE DE CARTIER WEDDING BAND/エタンセル ドゥ カルティエ ウェディング リング

横幅は細身ながらタテに厚みのあるプラチナ製ストレートリング。ハーフエタニティ状に整然と置かれたメレダイヤが、女性の指元で魅力的に輝きます。フォーマルでもカジュアルでも、どんなシーンにもマッチしそうな汎用性の高いデザイン。

ÉTINCELLE DE CARTIER WEDDING BAND/エタンセル ドゥ カルティエ ウェディング リング引用元:カルティエ
(https://www.cartier.jp/ja/%E5%95%86%E5%93%81%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%83%BC/%E5%A9%9A%E7%B4%84%EF%BC%86%E7%B5%90%E5%A9%9A%E6%8C%87%E8%BC%AA/%E7%B5%90%E5%A9%9A%E6%8C%87%E8%BC%AA/%E3%82%A8%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AB-%E3%83%89%E3%82%A5-%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A8/b4221900-%E3%82%A8%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AB-%E3%83%89%E3%82%A5-%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A8-%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0.html)

ケイウノ

職人と相談しながら世界に一つの指輪をオーダーメイド

ケイウノは、ブライダルリングをメインに製作・販売している人気の国内ブランド。もともとジュエリーの修理工房からスタートしたお店でもあることから、全国拡大した現在でもなお、職人の手作業を大切にする姿勢が特徴的です。

既成デザインのリングも扱ってはいますが、基本的にはオーダーメイドリングが中心。ショップに併設されている工房の職人と相談しながら、世界に一つだけの結婚指輪を作り上げていく形です。

生涯無料のアフターサービスが多く用意されていることも、ケイウノの魅力の一つ。

ケイウノの代表的な結婚指輪を紹介

Quattro/クワトロ

2本のリングを1本につなげたかのような結婚指輪。ふたりの人生が一つの方向を向き始めたことを意味し、デザインしたのでしょう。マテリアルや石をアレンジしてセミオーダーすることも可能です。

Quattro/クワトロ引用元:ケイウノ
(https://www.k-uno.co.jp/bridal/product/marriage/RC-318/)

ハリーウィンストン

ダイヤモンドのセッティング法を追求するブランド

ティファニーやカルティエなどと並び、世界5大ジュエラーの一つに数えられるハリーウィンストン。1932年にニューヨークで創業して以来、ハリウッド女優たちを始め世界中のセレブを虜にしてきたブランドです。

「ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すセッティング」が、ハリーウィンストンの最大の特徴。もちろんセッティングだけではなく、ダイヤモンドやマテリアルのクオリティも最高レベルを追求しているため、全体的に価格はやや高めです。

デザイン的にも価格的にも、20代や30代ではなく、40代向けのブランドと言えるかも知れません。

ハリーウィンストンの代表的な結婚指輪を紹介

ワンロウパヴェ・バンドリング

2本のラインをセンターで交差させるようにデザインした、オリジナリティのある結婚指輪。交差する角度に規則性を感じさせるところが、ハリーウィンストンらしい特徴です。整然としたパヴェ状に、計29個のラウンドブリリアントカットダイヤモンドをセッティング。

ワンロウパヴェ・バンドリング引用元:ハリーウィンストン
(https://www.harrywinston.com/ja/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%83%91%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0)

ブルガリ

ビジネスウーマンから根強い人気

イタリアを代表する世界的な総合ブランドのブルガリ。時計やフレグランスでも知られているブランドですが、もちろんルーツはジュエリー分野です。

伝統的な美しさと斬新な美しさの融合を目指す姿勢が、ブルガリの結婚指輪の大きな特徴。特に「女性の強さ」を主張するデザインが多いことから、ビジネスウーマンの間では根強い人気を誇ります。

カルティエやティファニーなどと並び、ブルガリは世界5大ジュエラーの一つ。相応の魅力を蓄積した40代にマッチするブランド、と言って良いでしょう。

ブルガリの代表的な結婚指輪を紹介

MARRYME 結婚指輪

日本でも人気のブルガリの結婚指輪ですが、中でも特に人気を集めている指輪が、こちらでご紹介している「マリーミー」。永遠の愛を表現するために、メレダイヤをフルサークル(フルパヴェ)でセッティングしたぜいたくな結婚指輪です。

MARRYME 結婚指輪引用元:ブルガリ
(https://www.bulgari.com/ja-jp/336816.html)

関連記事

ページ上部へ戻る