結婚指輪はじめてガイド『はつのわ』

ミル打ちは後悔する?

ミル打ちの結婚指輪とは?

ミル打ち結婚指輪・ミルグレイン

ミル打ちとは、リングの表面に細かい粒を打ちつけていく技法のことです。正式には「ミルグレイン」と言います。アンティーク調のジュエリーに多くみられる加工でもあり、男女問わず人気のデザインです。

ミル打ちの結婚指輪には、リングの上下にミル打ちを一周させたシンプルなデザイン「ことはぎ」や、両サイドにピンクゴールドのミル打ちを一列に並べ中央のプラチナを縁取った「サンティエ」などさまざまなデザインが揃っています。シンプルなデザインもいいのですが、宝石を添えると華やかになります。

ミル打ちの歴史

ミル打ちの「ミル」はラテン語で「ミルグレイン=千の粒」という由来があります。粒が連なってひとつの輪を描くことから「永遠の愛」や「子孫繁栄」という意味を持ち、縁起が良いとされ結婚指輪や婚約指輪に用いられるようになりました。

小さな粒を手作業で打ちつけていくのは困難です。わずかな誤差でも指輪全体の輝きや美しさ、フォルムに影響を与えます。細かなミルを均等に美しく打ちつけていくには経験豊富なプロの技術が必要です。

近年ミル打ちが人気!

ミルの細かな粒が美しく均一に並んでいるためクラシカルな印象を与え、粒から反射されるやわらかな光が気品を漂わせています。大人っぽさが魅力のミル打ちですが、クールな男性にも似合う落ち着いたデザインです。

ミル打ちを施すことにより、リングに凸凹な面が増えます。フラットな面が少なくなるので傷が目立たなくなるでしょう。細かな粒から放つ光によってリング全体的がきらびやかに輝くため小さな傷もカバーしてくれます。

結婚指輪を購入後に加工することも可能です。加工料金はジュエリーショップによって異なりますが、1万円前後が相場だとされています。結婚記念日にデザインを変えてみてはどうでしょう。

後悔するポイントとその対策

サイズ直しの難しさ

ミル打ちはサイズ直しが難しいのがデメリットです。リングを切断して縮めたり継ぎ足したりしようとしても装飾されているためサイズ直しは難しいでしょう。サイズ直しすることも考えて途中までミル打ちされたデザインのリングを選ぶ方法もあります。

交換に対応しているブランドが多いようですが、中にはサイズ直しができるところもあるので、購入する際に店員さんからの説明をしっかり聞いておくといいでしょう。ブランドでサイズ直しができなくても修理な工房で可能な場合もあります。

汚れが溜まりやすい

ミル打ちをすると表面が凸凹しているため、どうしても汚れが溜まりやすくなります。「汚れが中に入って落ちにくそう」と思っている人も多いのではないでしょうか。溜まった汚れは簡単に落とすことができます。

使用するものは柔らかい歯ブラシと食器用洗剤です。歯ブラシに食器用洗剤を少しつけて歯を磨くように泡立てながら洗います。仕上げにタオルで優しく水気をふき取ってください。簡単なので、週1回程度おこなうといいでしょう。

デザインの摩擦について

貴金属は柔らかいので細かな粒が硬いものに触れると摩擦で少しずつ削れてしまいます。デザインの摩擦を防ぐには、家事のときは結婚指輪を外しましょう。外す場所を決めておかないと、大事な結婚指輪を無くしてしまう可能性があるので注意してください。

細かな傷はクロスや研磨剤で磨き、傷の凹凸を削りなめらかにすると元のきれいな状態になります。ただし磨きすぎには注意しましょう、何度も磨くと薄くなり強度を失ってしまいます。磨き直しはジュエリーショップもアフターフォローに含まれているため、自分でおこなうよりジュエリーショップにお願いするといいでしょう。

ミル打ちの結婚指輪に関するお悩み口コミ

ミルグレインはサイズ直しができない

質問:ティファニーのミルグレインを気に入ったのですが、サイズ直しができないこと、「ミル打ち部分は薄れていく」と聞いたことがあるので悩んでいます。結婚指輪は憧れのティファニーで購入したいと言う思いもあって…。自分と相手で決めるものだとは分かっているのですが、ご意見をお聞かせください。

回答:ミルグレイン推しです。 職場にもうすぐ50代の方がいてミルグレインですが、薄くなっている印象はありません。もしかしたら 私が入社する頃に買い替えただけかも…。 サイズ直しについてはティファニーでは行っていなくとも、個人の工房で対応してもらえます。 2度と直せないわけではないので、憧れ優先がいいと思います。

引用元:知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10291239850?__ysp=57WQ5ama5oyH6LyqIOW%2BjOaClA%3D%3D)

ミル打ちってどんな印象?後悔したことはありますか?

質問:ミル打ちのデザインにずっと憧れていて、ミル打ちリングに真ん中にダイヤひとつのものにしようと思っています。ミル打ちってどういう印象ですか? ミル打ちで後悔したことありますか? (すり減る、痛いなど)

回答:私も「ミルグレインの結婚指輪いいなあ」と思ってたけど、旦那の好みではなかったようで他のデザインの指輪なりましたが、さりげなくお洒落で素敵だと思います。ミル打ちのデザインで後悔したことはないですよ。

引用元:知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11268954556?__ysp=57WQ5ama5oyH6Lyq44CA44Of44Or5omT44Gh)

ミル打ちの結婚指輪ってどうですか?

質問:ミル打ちの結婚指輪について。明日指輪のオーダーに行くのですが、ぐるっと一周ミル打ちの指輪にするか、かまぼこ型のころっとした指輪にするか決められず迷っています。 かまぼこ型の指輪も可愛かったのですが、ミル打ちの指輪を試着した時に「運命の出会い…!」と思ってしまい、でも日常的につけるのはどうなのかな…と、迷っています。 ミル打ちを選ばれた方、感想をお聞かせいただけないでしょうか。

回答:マリッジリングを作る方の仕事をしていますが、手打ちの細かなミルグレインなら、あたりも優しいし、汚れがたまるほどの凹みもないんですが、どんなのを選ぶかによって違います。あなたの希望をすべて叶えるミルグレインリングだと「HIROUMI」などを選べばサイズ直しもできるしあたりも優しく仕立ててありますよ。

引用元:知恵袋(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11262423141?__ysp=44Of44Or5omT44GhKOODn%2BODq%2BOCsOODrOOCpOODsynjga7ntZDlqZrmjIfovKo%3D)

ミルグレインデザインの結婚指輪の選び方

ミルグレインデザインの結婚指輪を選ぶ際のポイントは、ミル打ちを指輪の半周に施す、耐久性のある素材、加工方法(鍛造)を選ぶ、定期的にメンテナンスをすることです。

ミル打ちを指輪の半周に施すのは一周にするとサイズ直しが難しいためです。ミル打ちを半周にとどめておけばサイズが変わってもミル打ちしない部分で調整することができます。サイズ直しのことを考えるなら、リングの内側にミル打ちを施していないデザインを選ぶといいでしょう。

摩耗しにくい素材はプラチナやゴールドです。ゴールドの中でもイエローゴールドやホワイトゴールドがいいでしょう。摩擦を防ぐには家事やスポーツ、力仕事をするときはリングを外しておくと美しさを保つことができます。

定期的なメンテナンスも大切です。アフターケアに対応しているジュエリーショップもあります。ブランドによってメンテナンスの内容や費用が異なるため、結婚指輪でミルグレインを選ぶ際はブランドのアフターケアも確認しましょう。