Weddiii » ジュエリーショップで慌てないために…知っておきたい上手な結婚指輪選びのヒント » 挙式までに間に合わせて!結婚指輪はいつ買うの?

更新日:2020-04-09

結婚指輪

挙式までに間に合わせて!結婚指輪はいつ買うの?

結婚をすることが決まったら、挙式をする場合はその準備がありますし、職場や友人への報告、入籍準備、新婚旅行の手配など急にスケジュールが目白押しになってかなり忙しくなりますよね。

そのため、ついつい後回しになってしまいがちなのが「結婚指輪」。もしかしたら、お店に行けばすぐに買えると思っていませんか?実は結婚指輪こそ、早めに考えなければ挙式に間に合わなくなるかもしれないのです!

では、一体いつ買うのが正解なのか?準備し始める一般的な期間から製作にかかる最低限の時間などについて、詳しく見てみましょう。

一般的には「挙式の半年前」に決定するのがベスト

まず、結婚指輪を購入する時期についてですが、一般的には「半年前」が最も多いと言われています。しかし、注意したいのは決して悩み始める時期ではないということ。

絶対にここで買う、と決めているブランドがあれば良いのですが、まだ理想的な結婚指輪がどのようなものか分からない、オーダーメイドがいいけど予算が…など曖昧な場合は、思い立ったらすぐに考え始めるのがおすすめです。

なぜかといえば、サイトを確認したり路面店を回ったりして吟味するだけでも、結構な時間がかかるから。また、結婚指輪は2人それぞれの好みが関わって来るので、できれば一緒に来店したい、となると予定を合わせる必要がありますよね。

更に、結婚指輪にはある程度の製作期間が必要です。ギリギリと考えても3か月前くらい…などと思っていると、挙式の打ち合わせや計画などとドッキングしてしまい、大慌てになる恐れが。

挙式をしない場合は「入籍日」を目安にする人が多い

挙式をするなら急がなければならないのは分かったけれど、指輪交換が必要ない場合はいつでもいいってこと?という方もいるでしょう。

実際、そのケースは基本的に「2人の気持ち」に応じて決めればOK。一般的には入籍日に間に合うように造るご夫婦が多いと言われていますが、例えば両家顔合わせや新生活に沿って購入したいのであればそれで構いませんし、入籍からしばらく経って購入するのも自由です。

ただし、いずれにしろタイミング的なこだわりが少しでもあるなら、最低でもその3か月前には注文しておきたいところ。では、そもそも指輪を造るのにはどの程度の期間がかかるのかを見てみましょう。

どこまでこだわるかで変わる?結婚指輪の製作期間

挙式や入籍に間に合うように、と言っても、結婚指輪の製作期間は注文方法によって大きく異なります。言わば「どこまでこだわるかによる」といったところ。本当に何でもいい方なら当日持ち帰ることも可能ですし、最長で半年程度かかることもあると言われています。

既製品

まず、既製品を購入するケース。既製品というのは既に店頭に並んでいる商品のことで、デザインが気に入り、かつ自分のサイズぴったりのものがあればその日のうちに持って帰れる可能性もあります。

ただし、後述の通り刻印を入れたい場合やカスタマイズを行いたい場合などは、2週間~1か月程度かかると思った方が良さそう。

セミオーダー

次に、結婚指輪の購入方法としては最も定番と言ってもよいセミオーダー。これは既存のデザインはある程度決まっていますが、サイズをしっかり測った上で2人専用の結婚指輪を製作してもらえるというものです。

こちらは一般的な製作期間としては1か月~3か月程度と言われています。デザイン自体は決まっていても、そこからカスタマイズを加えるか、刻印を入れるかなどによって変わってくるのですね。

フルオーダー

予算に余裕があり、かつどうしても叶えたい理想のデザインがある、という方におすすめなのがフルオーダー。こちらはデザイナーが一から希望をスケッチし、打ち合わせした通りの指輪を製作してくれるというシステムです。

こちらは一般的に3か月程度が目安と言われていますが、デザインによっては半年ほどかかることもあるそう。不可能、もしくは難しいことに関してはその段階できちんと指摘してもらえますから、まずは相談してみてはいかがでしょうか?

刻印やオプションにかかる期間もチェック!

2人のための結婚指輪、という意味合いを強めるために入れられることが多いのが「刻印」。また、内側に誕生石を入れたり、石をプラスしたりといったオプションサービスが受けられるブランドも存在します。しかし、こういったサービスは製作期間とは別に時間がかかりますから、注文の際には注意が必要です。

ジュエリーブランドを巡る時のポイントは?

結婚指輪は注文してからも時間が必要ですが、何と言ってもどのブランドで購入するか、が重要ですよね。そこで、運命的なブランドと出会うためにはどのようなポイントを押さえてショップを巡れば良いのかまとめてみました。

1. まずは来店予約をする

特に百貨店やショッピングモールに入っているブランドの場合、予約なしでふらりと入ってもきちんと接客してもらえることも多いですが、やはり予約はしておくのがおすすめ。事前に好みや目星をつけた商品を伝えておけば、事前に気になりそうなデザインを用意してくれる可能性もあります。

2. 代表的なブランドが複数入っているビルや、路面店通りを狙う

ネットで気になるブランドにある程度目星をつけたら、そのショップが近くに集まっている場所がないか確認してみましょう。ファッションビルや百貨店、路面店が集合しているエリアなどが近くにあれば、ジュエリーショップめぐりを中心としたデートの予定も立てやすいですよね。

3. ブライダルフェアやキャンペーン期間中は、より安く買えることも!

定期的にブライダルフェアを行っているブランドや、キャンペーン期間中を利用すればよりリーズナブルに結婚指輪が手に入ることもあります。事前に期間が分かるようなら、そういったお得な時期を狙うのもおすすめです。

4. 1店舗目で決められない時は、素直に店員さんに伝える

結婚指輪を試着までさせてもらうと「このブランドに決めなきゃ…」と思ってしまいがちですが、それで納得のいかない結果になっては意味がありません。もちろん絶対にここ、というこだわりがあればその限りではないですが、もし少しでも他のブランドが気になる、という気持ちがあるなら素直に「すみません、もう少し考えます」と伝えましょう。そういったカップルはたくさんいるので、店員さんも焦ることなく分かってくれるはずです。

相場はペアでどのくらい?費用は割り勘が多いの?

最後に、結婚指輪の価格についてですが、一般的な相場は「ペアで20万円」ほどだと言われています。特に女性向けはダイヤが入っていたり、ゴールドとのコンビになっていたりする可能性が高いため、高額になりがちのよう。

費用は婚約指輪とは違ってカップルによって様々な形態があり、最も定番なのは「お互いに贈り合う」方法。もらってばかりだと気が引ける、という女性も多いですから、それなら気兼ねしなくて済みますよね。

ただし、これは2人の気持ち次第なので、どちらかが全て負担したい、あるいは事情があって(挙式費用や新婚旅行費用の兼ね合いから)片方が負担した方が納得できる、といった場合には、片方が全て支払うケースも珍しくはないそうです。しっかり話し合い、双方が後悔しない選択をしましょう。

地域を選択してください

ページ上部へ戻る