Weddiii » 結婚指輪 人気ブランド徹底研究レポート » 【2020年版】20代におすすめの結婚指輪ブランドは?

更新日:2020-09-25

エクセルコ ダイヤモンド

日本人向けのデザインを得意とする海外ブランド

エクセルコ ダイヤモンドは、19世紀末にベルギーのアントワープで誕生したブランド。ダイヤモンドのカッティング技術において、当時から世界的に知られるブランドです。あらゆるブランドのカッティングのベースには、エクセルコ ダイヤモンドが発明した「アイディアルブリリアントカット」がある、とも言われるほど。

海外ブランドではあるものの、日本中心でショップ展開するブランドでもあるため、日本人向けのデザインが大半。20代の日本人女性に人気の「飽きの来ないシンプルな結婚指輪」も多数展開しています。

エクセルコ ダイヤモンドの代表的な結婚指輪を紹介

Optique(オプティーク)

Optique(オプティーク)は2019年夏の新作。「至高の輝きを未来へつなぐ方程式」 がテーマのマリッジリングです。この上なく高い輝きを未来へつなぐとあるように、女性用のリングの中央にはラウンドカットのメレダイヤモンド、男性用にはバケットカットのブラックダイヤモンドが光り輝いています。シンプルなデザインだけれど、さりげない個性を演出。リングのサイドはダイヤモンドを細かく砕いた粒子がついたダイヤモンドポイント加工と鏡面仕上げ。ふたりの新しい未来を照らし出すような輝きを放っています。強く白く輝く「ブリリアンシー」、キラキラとした光の「ファセット」、虹色に輝く色彩ゆたかな光「ファイヤー」。3つの要素をより引き立たせるために計算されたエクセルコ ダイヤモンドを代表するデザインです。

Optique(オプティーク)引用元:エクセルコ ダイヤモンド
(https://www.exelco.com/bridal_jewelry/marriagering/miniature_7058_melee_1pcs.php)

ティファニー

女子ならば一度は試着してみたいブランド

20代であろうと30代であろうと、どんな年代を対象にしたアンケートでも人気1位を獲得するブランドがティファニー。海外ブランドには興味がないという方でも、ティファニーの人気を否定することはできないでしょう。

ティファニーの人気を支える主な理由は3つ。1つ目は、ティファニーというブランド名。2つ目は、シンプルなデザイン性。3つ目は、意外にリーズナブルな価格。買うか買わないかは別として、結婚が決まった女子ならば、一度は試着してみたいブランドですね。

ティファニーの代表的な結婚指輪を紹介

ティファニークラシック ミルグレイン バンドリング

ティファニー クラシックは、品のある大人の振る舞いができる男女に似合うジュエリーコレクション。リングの上下にミル打ち加工をした上品でモダンなスタイルが魅力です。連なる粒による輝きが華やかでありながら、引き締まった印象を与えます。おばあちゃんになっても違和感のないシンプルなデザインを探している女性にピッタリのマリッジリングと言えるでしょう。年を重ねれば重ねるごとに指にフィットしますよ。素材は18Kゴールドとプラチナ。一般的な結婚指輪のリングの幅は、女性なら2~2.5mm、男性なら2.5~3mmくらいです。ミルグレイン バンドリングは4mmと幅広サイズ。女性が身に着けるとかっこいい印象になりますよ。

ティファニークラシック ミルグレイン バンドリング引用元:ティファニー
(https://www.tiffany.co.jp/jewelry/rings/tiffany-classic-milgrain-wedding-band-ring-GRP09021/)

銀座ダイヤモンドシライシ

安定した定番の美しさを追求するブランド

1994年、銀座の一等地に突如として誕生した銀座ダイヤモンドシライシ。ダイヤモンドの3大マーケットの一つであるイスラエルに買付専門の現地法人を設立するなど、ダイヤモンドへのこだわりが非常に強いブランドです。

結婚指輪のデザインは、シンプルで飽きの来ないタイプが大半。一生涯着用する指輪なので、目先の斬新さよりも、安定した定番の美しさを追求しています。

ダイヤモンドの買付からリングの製作・販売まで社内で一貫して行っているので、クオリティに対して価格がリーズナブル。

銀座ダイヤモンドシライシの代表的な結婚指輪を紹介

Timeless Love(タイムレスラブ)

「永遠に紡がれる愛の絆」を意味するTimeless Love(タイムレスラブ)。これをイメージして作られたのが銀座ダイヤモンドシライシのマリッジリングです。ねじりを加えたウェーブが角度を交互に変えた2つのメレダイヤモンドをやさしく包みます。寄り添ってひとつになるやわらかな曲線は、永遠に紡ぐ糸。ふたりの絆を表しているようですね。プラチナの光沢感も魅力的なキュートでカジュアルなリング。どこのブランドのマリッジリングも同じようなデザインばかりでピンとくるものがなかったという人は、ぜひ、個性的なデザインのTimeless Love(タイムレスラブ)を選んでみてはいかがでしょう。まわりから注目されること間違いなしですよ。

Timeless Love(タイムレスラブ)引用元:銀座ダイヤモンドシライシ
(https://www.diamond-shiraishi.jp/marriagering/timelesslove.html)

アイプリモ

若い人たちのニーズを捉えたブランド

2020年2月現在、全国に73の直営店を展開するアイプリモ。店舗数だけを基準にすれば、全国トップクラスのジュエリーブランドと言って間違いありません。きっと、多くの方が一度は店舗を目にしたことがあるのではないでしょうか?

アイプリモの大きな特徴は、店舗数の多さに加えて、繊細なデザイン性とリーズナブルな価格。お店への入りやすさなども、アイプリモの特徴かもしれません。まさに、若い20代の方々のニーズや本音をしっかり捉えたブランドと言えるでしょう。

アイプリモの代表的な結婚指輪を紹介

PERSEUE(ペルセウス)

ギリシャ神話に出てくる王女「アンドロメダ」。絶世の美女がゆえにとらわれの身となった彼女を救ったのが勇敢なペルセウスです。アイプリモの「PERSEUE(ペルセウス)」はこの英雄から名付けられました。最先端の製法でつくり出された強さとやさしさを兼ね備えた自然なウェーブが特徴の特別モデル。磨き込まれたプラチナPt950の両サイドに0.05カラットのダイヤモンドが2つ添えられています。リングは鍛造(たんぞう)製法で加工しているので、丈夫で変形しにくいのがメリット。細身のデザインが好きな人におすすめ。細長いウェーブが指をきれいに見せてくれますよ。女性サイズは5~12号、男性サイズは11~19号までです。

PERSEUE(ペルセウス)引用元:アイプリモ
(https://www.iprimo.jp/marriage/rings/perseus.html)

4℃ブライダル

透明感のあるシンプルな結婚指輪

4℃ブライダルは、かの有名な4℃のブライダルジュエリー部門。4℃は若い人たちから人気のブランドなので、その名を知らないという人は、ほとんどいないでしょう。

4℃ブライダルの結婚指輪のコンセプトは、いわば「水のようにシンプルなデザイン性」。飽きの来ないシンプルなデザインと水のように透明感のあるプラチナ素材が、4℃ブライダルの特徴と言って良いでしょう。

全体的にリーズナブルな価格帯であることも、20代の女性たちから人気の理由ではないでしょうか?

4℃ブライダルの代表的な結婚指輪を紹介

Pureness/ピュアネス(清純)

どんなに時を経ても変わらないけがれのない愛。ストレートなラインで表現した4℃ブライダルリングです。リング中央の3粒のダイヤモンドが、可憐にきらめきます。4℃のダイヤモンドにとって最高のカラーは無色であることです。4℃ほぼ無色から無色のレベルの高いダイヤを取り扱っています。ピュアネスは、パーソナルオーダー「Just for two」対象商品。パーソナルオーダーとは、幅や素材、ダイヤモンドの数を好みに合わせて組み合わせることができる商品です。例えば、3粒のダイヤをひと粒に減らしたタイプや、ボリュームのあるストレートのラインにひと粒のダイヤモンドを添えたタイプなど。また、エンゲージリングと重ね付けするバリエーションも4つ用意しています。

Pureness/ピュアネス(清純)引用元:4℃ブライダル
(https://4-bridal.jp/marriage/detail/21172-284-5004)

ケイウノ

職人と相談しながら唯一無二の結婚指輪を作製

ケイウノは、1981年に名古屋で創業したお店。当初は指輪の修理を専門に請け負っていたお店だったこともあり、現在でもなお、職人による手作りを重視するスタンスがケイウノの特徴となっています。

全国にあるショップには工房を併設。工房の職人さんとカップルが話し合い、世界で一つだけのオーダーメイド結婚指輪を作り上げます。2020年現在、全国のショップ併設の工房で働くクラフトマンの数は、実に200名以上!

「なからず世界に一つだけの指輪を作ることができる」ということが、20代女性たちの心を動かしているようです。

ケイウノの代表的な結婚指輪を紹介

Junshi MUSUBI(純糸結び)

ケイウノのセレモニー付き結婚指輪「Vows Ring(バウズリング)」をごぞんじですか。Vows Ring(バウズリング)は、Vow(バウ)は誓い。Wedding Vow は「結婚の誓い」という意味です。2019年にリリースされた新サービスで、2020年3月第3シリーズが発売されました。Junshi MUSUBI(純糸結び) は第1弾シリーズ作品。リングのアーム表面が凸状にゆるやかにカーブしている「甲丸リング」に純金の糸を結んだ特別な結婚指輪です。一生ほどけることがないように職人によって仕上げられます。プレーンなリングに一筋のライン。シンプルなデザインですが心に残る結婚指輪になることでしょう。

Junshi MUSUBI(純糸結び)引用元:ケイウノ
(https://www.k-uno.co.jp/bridal/vowsring/)

和の価値観を追求するブランド

俄(にわか)は、1983年に創業したジュエリーブランド。京都生まれのブランドらしく、日本人の美意識を大切にした繊細な指輪を多くリリースしています。

指輪の名前もまた、「初桜」「朝葉」「せせらぎ」などの和風が中心。ひたすら和の価値観を追求する稀有なジュエリーブランドと言えるでしょう。全国主要都市にある直営店のほか、多くのセレクトショップでの取扱もあるため、地方にお住まいの方でも、比較的目にしやすいブランドでしょう。検討する際には、ぜひ最寄りのお店で試着してみることをおすすめします。

俄の代表的な結婚指輪を紹介

結(ゆい)

ひとつひとつに美しい景色や想いが込められている俄(にわか)の結婚指輪。上質な素材と高い硬度、なめらかな指どおりで毎日つけていても肌に負担になりません。「結」という字には、むすびつける、ゆわえるという意味があります。結婚も結の字が使われていますよね。俄(にわか)の結は、この想いがほどけないように、ふたりの固い絆を結びという形で表現しました。ゆるやかなカーブを描いた希少なハードプラチナリングに、メレダイヤモンドを結び付けた丸みのあるデザインがやさしい印象を与えます。ハードプラチナのほかに、プラチナゴールドやピンクゴールド、イエローゴールドから選ぶことができます。婚約指輪としても人気のデザインです。

結(ゆい)引用元:俄
(https://www.niwaka.com/bridal/niwaka/wedding/yui.html)

スタージュエリー

ブランド独自の工夫を込めたシンプル性

スタージュエリーは、1946年に横浜元町で誕生したジュエリーブランド。高純度の95%プラチナを標準採用としたり、国内で初めてピアスの販売を手がけたりなど、創業以来、ジュエリー業界に多大な功績を残してきたブランドとして知られています。

結婚指輪のデザインは、全体的にシンプルなタイプが多め。ただし、たとえばミルグレインの粒々を全て星型にするなど、ブランド独自の工夫を込めたシンプル性を追求している点が、スタージュエリーの特徴と言えるでしょう。比較的リーズナブルな価格ということもあり、若い人たちを中心に人気です。

スタージュエリーの代表的な結婚指輪を紹介

Year Model 2020-Twin Planets-

夜空にきらめく流れ星を表現したマリッジリング。2020年の新作です。リングの内側に隠れている2つの星でふたりをイメージしています。洗練されたうつくしさの中にキュートさが組み込まれた、シンプルかつこれまでにはデザインです。オーダーは12月末まで。0.06カラットのダイヤモンドを数粒散りばめて。リングの幅は女性2.2mm、男性3.0mm。価格は100,000円台と20代の若いカップルにもお求め安くなっています。また、スタージュエリーでは、地金素材やフォルム、リング幅、ストーン、仕上げ方法を好みに合わせてオーダーできる店舗限定のサービスもあり。ふたりだけのオリジナルのマリッジリングを作ってみませんか。

Year Model 2020-Twin Planets-引用元:スタージュエリー
(https://www.star-jewelry.com/bridal/2PR0696_2PR0695.html?cgid=bridal-marriage#start=3)

地域を選択してください

ページ上部へ戻る