深い愛情表現と特別なゆかりを持った唯一無二な指輪を

ヴァンクリーフ&アーペルの特徴と口コミ

画像引用元:ヴァンクリーフ&アーペル公式HP
(https://www.vancleefarpels.com/jp/ja.html)

ティファニー、カルティエ、ブルガリ、ハリー・ウィンストンと並び「世界五大ハイジュエラー」の一つとして数えられているヴァンクリーフ&アーペル。長くヨーロッパの王妃たちから愛され続けているブランド、また、海外のセレブたちから広く人気を集めているブランドとして知られています。
王室が好む華やかできらびやかなジュエリーも数多く発表していますが、どちらかと言えば結婚指輪は控えめなデザインが多め。シンプルで飽きの来ないデザインを好む日本人女性にはピッタリのブランドと言って良いでしょう。

結婚指輪ブランド&ショップ 編集部おすすめ

ブランドの特徴と歴史

海外のセレブたちを中心に絶大な支持を集めるハイブランド

ヴァンクリーフ&アーペルの歴史は、オランダ出身のダイヤモンド商人の息子(アルフレッド・ヴァン・クリーフ)と、フランス出身の宝石商の娘(エステル・アーペル)が結婚したことがきっかけでした。ともに宝石を専門に扱う家系だったことから両家はタッグを組み、1906年、パリのヴァンドーム広場にブティックを創業。これのブティックが、以後、ジュエリーの歴史に数々の功績を残すヴァンクリーフ&アーペルの始まりとなりました。

ヴァンクリーフ&アーペルの名が一躍ヨーロッパで有名になったきっかけが、イラン王妃からの依頼によりクラウンを製作したこと。これを機に、グレース王妃、ウインザー公爵夫人などなど、ヨーロッパの名だたる王妃の宝飾品を納める御用達となり、やがて「世界五大ハイジュエラー」と呼ばれるまでに成長していきました。

現在のヴァンクリーフ&アーペルは、宝飾品だけではなく宝石、時計、香水も取り扱うハイブランドとして、特に海外のセレブ達を中心に絶大な支持を集めるブランド。日本では、ティファニーやカルティエほどの知名度はないものの「他人とは被らないブランドがいい」という女性たちから、広く人気を集めています。

気になるポイントをCHECK!
質

「世界五大ハイジュエラー」の一つに数えられるブランドなので、デザインよりも何よりも、品質の高さは大前提。マテリアルはプラチナとホワイトゴールドを中心に、耐久性のある素材を採用。ダイヤモンドには、カラー、クラリティ―、カット、カラットの4Cすべてについて、GIA(米国宝石協会)の最高基準を満たしたものだけを採用しています。

加えて、ヴァンクリーフではダイヤモンドの品質を決める5番目の基準「キャラクター」を設置。独自の「5C」を基準として厳選したダイヤモンドのみが結婚指輪にあしらわれます。

デザイン

ヴァンクリーフが発表している結婚指輪の多くは、日本人女性に好まれそうなシンプルなストレートリングが中心。大きく分ければ、マテリアルの輝きを活かしたタイプのリングと、メレダイヤを活かしたタイプのエタニティリングに分けられます。

多くのブランドがプラチナを基本に指輪を作っている中、ヴァンクリーフはダイヤモンドとの相性を考慮して、積極的にホワイトゴールドも採用。透明感のある繊細な輝きが指元に添えられます。

費用相場

ダイヤモンドの総カラット数やマテリアルの違いにより、価格幅を広く設定されています。ホワイトゴールドを採用したシンプルなリングであれば20万円台から。プラチナを採用した華やかなエタニティリングであれば、数百万円といった商品もあります。

品質もデザインも、ともに最高レベルを実現しているヴァンクリーフ。加えてブランドの「のれん代」も考慮すれば、やや高額と感じられる方も少なくないでしょう。「一生ものの指輪と考えれば納得できる値段」という声も見られます。

ヴァンクリーフ&アーペルのアフターサービス

ヴァンクリーフで用意している基本的なアフターサービスは3つ。刻印、サイズ直し、クリーニングです。

他の多くのブランドと同様、ヴァンクリーフでも刻印を無料で提供しています。デザインに合わせて上限文字数が異なるので、刻印の際にスタッフさんと相談してください。

サイズ直しは、購入から3か月間のみ無料。それ以降は21,600円となります。サイズ直しができないデザインの指輪もあることにご注意ください。

クリーニングは随時店頭で行っています。気軽にスタッフさんまで声をかけましょう。

ヴァンクリーフ&アーペルで人気の結婚指輪を紹介

フェリシテ エタニティ リング

特徴

極細のストレートリングに、計42石(0.3ct)のラウンドカットダイヤモンドをフルエタニティでセッティングした、女性らしい繊細なデザインの結婚指輪。マテリアルには、プラチナではなくホワイトゴールドを採用しているので、ダイヤモンドの輝きがより透明感のある印象へと導かれます。細くて長いタイプの指によくマッチするデザインです。

価格
448,200円
材質
ホワイトゴールド

画像引用元:ヴァンクリーフ&アーペル公式HP
(https://www.vancleefarpels.com/jp/ja/collections/bridal/wedding-bands/Creative-and-paved-wedding-bands/vcaro8bp00-felicite-wedding-band.html)

トゥージュール エトワール マリッジリング

特徴

やや幅と厚みを持つ存在感ある平打ちストレートリング。センターには0.05ctのダイヤモンドを埋め込むことで、単なるストレートリングとは異なるエレガントな高級感を添えています。ダイヤモンドとマテリアルの高さは同じなので、日常生活で使用していても石が邪魔になることはありません。プラチナの深遠な魅力を十分にたたえた作品。

価格
340,200円
材質
プラチナ

画像引用元:ヴァンクリーフ&アーペル公式HP
(https://www.vancleefarpels.com/jp/ja/collections/bridal/wedding-bands/Classic-wedding-bands/vcard15100-toujours-etoiles-wedding-band.html)

ロマンス エタニティリング、バゲットカットモデル

特徴

程よい幅に抑えたフラットなストレートリングの中に、計18石のバゲットカットダイヤモンドをフルサークルでセッティングしたデザイン。ダイヤモンドの合計カラット数は1.92ctと、非常に贅沢な仕様となっています。石のカラーとクラリティは最高レベルを保証。やや価格に驚く方もいると思いますが、このクオリティに対しては妥当な価格です。

価格
2,538,000円
材質
プラチナ

画像引用元:ヴァンクリーフ&アーペル公式HP
(https://www.vancleefarpels.com/jp/ja/collections/bridal/wedding-bands/Creative-and-paved-wedding-bands/vcarc18900-romance-wedding-band-baguette-cut-model.html)

トゥージュール マリッジリング 5mm

特徴

幅5mmと、結婚指輪としてはかなりボリューム感のあるリング。あえてダイヤモンドをセッティングせず、プラチナの魅力だけを最大限に引き出した結婚指輪です。サイズを柔軟にカスタマイズできるので、女性も着用可能ですが、ボリューム感に照らせば男性向けの結婚指輪と考えて良いでしょう。ヴァンクリーフの中ではリーズナブルな価格。

価格
275,400円
材質
プラチナ

画像引用元:ヴァンクリーフ&アーペル公式HP
(https://www.vancleefarpels.com/jp/ja/collections/bridal/wedding-bands/Classic-wedding-bands/vcara89400-toujours-wedding-band-5-mm.html)

エステル マリッジリング

特徴

「海外ハイブランドにしたい」「他人とはデザインが被りたくない」という2つの希望を持つ日本人女性から人気の結婚指輪が、こちらでご紹介しているエステルマリッジリング。やや細身のストレートリングの上に、丸くて可愛らしい彫刻が並行して一周走っているデザインです。エタニティやミルグレインとも異なる、ヴァンクリーフ独特のデザイン。

価格
313,200円
材質
プラチナ

画像引用元:ヴァンクリーフ&アーペル公式HP
(https://www.vancleefarpels.com/jp/ja/collections/bridal/wedding-bands/Creative-and-paved-wedding-bands/vcarn59b00-estelle-wedding-band.html)

クチュール エタニティリング

特徴

センターにエッジを付け、その両サイドにメレダイヤをパヴェ状に2列周回させたデザイン。画像を見る限りは、やや主張が強いデザインにも感じられますが、リング幅が決して太くないので、実際に着用してみると華やかながらも上品な印象です。ダイヤモンドの数は計68石。総カラット数は0.83ct。単体での使用はもちろん、重ね着けもおすすめ。

価格
1,161,000円
材質
プラチナ

画像引用元:ヴァンクリーフ&アーペル公式HP
(https://www.vancleefarpels.com/jp/ja/collections/bridal/wedding-bands/Creative-and-paved-wedding-bands/vcarn57p00-couture-wedding-band.html)

ロマンス エタニティリング、3.2mm

特徴

幅3.2mmのストレートリングに、計28石のラウンドブリリアントカットダイヤモンドをあしらったフルエタニティリング。ダイヤモンドの合計カラット数は1.04ctと、なかなか贅沢な仕様です。決して幅が太くはない結婚指輪なのですが、リングに高さがあるために、画像で見たときよりも実際に着用したときの存在感は強めです。

価格
1,215,000円
材質
プラチナ

画像引用元:ヴァンクリーフ&アーペル公式HP
(https://www.vancleefarpels.com/jp/ja/collections/bridal/wedding-bands/Creative-and-paved-wedding-bands/vcarc09900-romance-wedding-band-21-mm.html)

フルーレット リング

特徴

まるで花のつぼみをたくさん連結させたような、ヴァンフリーク独自のデザイン性。1つのつぼみの中には小粒のラウンドブリリアントカットダイヤモンドを7石セッティングし、かつ、14個のつぼみでリング状に仕上げているため、ダイヤモンドの数は合計98粒にもなります。デザインも輝きも、きっと他人と被ることはない結婚指輪でしょう。

価格
2,241,000円
材質
プラチナ

画像引用元:ヴァンクリーフ&アーペル公式HP
(https://www.vancleefarpels.com/jp/ja/collections/bridal/wedding-bands/Creative-and-paved-wedding-bands/vcaro9vb00-fleurette-wedding-band.html)

アンラスモン リング

特徴

幅が広めのリングの上に、大小で計100粒ものラウンドブリリアントカットダイヤモンドをセッティングしたゴージャスな結婚指輪。ダイヤモンドの総カラット数は3.04ct、クラリティはIF~VVS、カラーはDEF。マテリアルは高純度のプラチナ。いずれの要素に鑑みても、400万円弱という価格は妥当でしょう。

価格
3,969,000円
材質
プラチナ

画像引用元:ヴァンクリーフ&アーペル公式HP
(https://www.vancleefarpels.com/jp/ja/collections/bridal/wedding-bands/Creative-and-paved-wedding-bands/vcaro9vc00-enlacement-wedding-band.html)

タンドルモン エトワール マリッジリング

特徴

幅が細めのプラチナストレートリングに、小粒ダイヤモンドを3石セッティングしたシンプルンなタイプの結婚指輪。国内ブランドにも多く見られるタイプのデザインなので、他のヴァンクリーフの作品に比べれば、日本人女性には広く受け入れられる結婚指輪でしょう。価格は税込で22万円ほど。ダイヤモンド入りであることを考えると、かなりリーズナブルです。

価格
221,400円
材質
プラチナ

画像引用元:ヴァンクリーフ&アーペル公式HP
(https://www.vancleefarpels.com/jp/ja/collections/bridal/wedding-bands/Classic-wedding-bands/vcaro9y600-tendrement-etoiles-wedding-band.html)

ヴァンクリーフ&アーペルの特徴と口コミ

個性的なのに主張が強すぎないデザイン

他のブランドにもいくつか検討していた指輪があったのですが、最終的にはヴァンクーリフの指輪にしました。表面に細かい彫刻が施された、まるでエタニティリングのような指輪です。よく見ると個性的なデザインなのですが、全体的には主張が強すぎずとても気に入っています。海外ハイブランドなので、価格は少し高めですが、一生ものの指輪と考えれば納得できます。やや大人っぽい感じのデザインが多かったように思いました。

ブランドの発祥ヒストリーがロマンチック

初めてヴァンクリーフに行ったときに、スタッフさんがブランドの発祥ヒストリーを聞かせてくれました。そのお話がとてもロマンチックで、すっかりヴァンクリーフのファンに。いったん商談を自宅に持ち帰り、彼と相談した結果、婚約指輪も結婚指輪も、両方ヴァンクリーフで買おうという結論になりました。実はカルティエとショーメも候補だったのですが、ヴァンクリーフのブランドヒストリーに私も彼もやられました(笑)。

他人とは被りにくい海外ハイブランド

世界五大ジュエラーと言われるほど凄いブランドなのに、ティファニーとかカルティエとかに比べると、日本ではあまり知名度が高くないですよね?世界中のセレブたちに認められたハイブランドで、しかも他人とは被りにくいとうい理由から、あえてヴァンクリーフを選びました。他人が着けていないというだけでミーハー感がなくなって、個人的には満足度アップです。マニュアル通りではない細やかな接客も素敵でした。

どの店舗に行っても接客が丁寧でした

職場近くにあるヴァンクリーフと、帰路の乗換駅にあるヴァンクリーフの2店舗のお世話になりました。どちらの店舗でも対応が丁寧で、私たちの質問に一つ一つ時間をかけて答えてくださいました。出して頂いたお茶やお菓子も、とても美味しかったです。ハイブランドのイメージが強いヴァンクリーフですが、意外にもお花をモチーフにした指輪など可愛らしいものもありましたよ。一度お店に行ってみることをお勧めします。

ブランド総合評価

他人とは被りにくい世界的ハイブランド

「世界五大ハイジュエラー」にも関わらず、他の4つのブランドに比べると、日本では決して知名度が高いとは言えないヴァンクリーフ&アーペル。他人とは被りにくい世界最高レベルのブランドを身に着けたい、という方には、ぜひヴァンクリーフをお勧めします。

数百万円の高額な結婚指輪もありますが、その大半は主張が強すぎて、きっと日本人女性のお好みのデザインではないでしょう。日本人女性のお好みのデザインを選べば、必然的に20万円台、30万円台の指輪となるはず。他の一般的な国内ブランドに比べればやや高額ですが、「世界五大ハイジュエラー」ということを考えれば、決して割高ではありません。

海外ブランドを検討中の方は試着必須のブランド、と考えておきましょう。

ちなみにヴァンクリーフ&アーペルの店舗は、北海道から福岡まで計18店舗。婚前旅行などで主要都市に行ったときには、ぜひ二人で立ち寄ってみてください。

ヴァンクリーフ&アーペル銀座本店

画像引用元:ヴァンクリーフ&アーペル公式HP
(https://www.vancleefarpels.com/jp/ja.html)

住所:
〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-6
TEL:
03-3563-1906
問い合わせ:
https://www.vancleefarpels.com/jp/ja/others/contact-us/Contact_Us_by_E-mail.html
休業日:
不定休

ページ上部へ戻る